header_logo
LINEリニューアル 限定情報配信中!

競馬で勝ってる人の買い方を徹底解説!ダメな買い方から脱却して勝ち組になる方法とは?

競馬で勝ってる人の買い方

本記事で紹介するのは「競馬で勝ってる人の買い方」について。

「競馬で勝ってる人はなんているの?」「自分で予想しても当たらない」といった口コミが競馬予想サイト解体新書宛に多く寄せられていたのが本記事を執筆したきっかけです。

まず大前提として競馬はギャンブルなので、負ける人がいれば勝つ人もいます。

この前提を元にすると負け続けている人が一定数いる反面、競馬で勝ち続けている人がいることも忘れてはなりません。

そこで今回は、負け続けている人に共通する馬券のダメな買い方を紐解きつつ、競馬で勝ってる人の買い方まで徹底解説。

勝ち組になりたい方はもちろん、勝てないと悩んでいる方はぜひ最後までご覧ください。

この記事の監修者
監修者画像
解体新書プロジェクト 総責任者
福岡 裕也

1968年11月1日生まれ。慶應義塾大学卒業。

某スポーツ新聞の競馬面を16年担当。その後、独立してフリーのライターとして活動中。競馬だけではなく、競艇・競輪関連の記事やコラムを執筆する。

競馬歴27年・競艇歴30年・競輪歴25年。趣味は海外旅行。年間10回以上は海外へ。

競艇予想サイト解体新書では全体の監修・コラムの執筆を担当。

著書『解体新書〜競馬・競艇・競輪を極めた男の13の法則〜』を出版予定。

...続きを読む

競馬で勝ってる人はどれくらい?

競馬で勝つ=ボロ儲けではありません。

だかといって馬券代すら稼げないトリガミも勝ちとは言えないでしょう。

そこで、競馬で勝ってる人の定義を「不的中やトリガミを除いた回収率100%以上」とすると、どれくらいの割合になるのか。

具体的な割合とその理由を解説していきます。

競馬で勝ってる人の割合は3%〜5%前後

実際に調査するとなると、とんでもない時間と労力を要することになるため厳密に調査した方はいませんが・・・

概算で言うと、競馬で勝ってる人の割合は3%〜5%前後。

裏を返せば競馬で負けている人が、全体の約90%を占めていることになります。

これを踏まえれば、競馬予想サイト解体新書に寄せられた競馬に関する不満や疑問の口コミが多くなっていたのも納得。

さらに、大多数の方が勝ち組に憧れるのも理解できるでしょう。

運試し感覚で競馬をしている人がほとんど

この記事をご覧の方には当てはまらないと思いますが、競馬参加者全員が本気で予想している訳ではありません。

人気順で馬券を購入する方や、ルーレットで買い目を決める方など運試し感覚で参加している方が一定数いることも押さえておきましょう。

レースによっては、本気で予想している人の方が少ないなんてことも十分にありえます。

このように、本気で予想していない方も割合の中に含まれているため、競馬で勝ってる人の比率が小さくなってしまっているのでしょう。

レース選びや馬選びをしっかり出来ている人だけに絞って勝てる割合を算出すれば、少なくとも10%以上の方が勝ってるのではないかと推測します。

競馬で勝てない人の特徴から馬券のダメな買い方を紐解く

ここからは、競馬で勝てない人の特徴から、馬券のダメな買い方を解説していきます。

馬券のダメな買い方

先ほどの競馬で勝ってる人の割合を見て「自分には無理かもしれない」あるいは「ほぼ負けるなら参加しない方がいい」と思った方もいるでしょう。

ですが、馬券のダメな買い方を知って回避してしまえば勝率アップに繋がることは間違いありません。

挫けることなく、各ポイントを順番に見ていきましょう。

重賞レースやメインレースばかり狙っている

競馬で勝てない人にありがちなのが、重賞レースやメインレースだけを狙っている点。

有名な馬や実力のある馬が多く出走することから、一般レースはやらないけどG1やG2だけは参加してるという方も多いのではないでしょうか。

推している馬を応援する目的であれば良いですが、勝つとなったら話は別です。

実力のある馬が多く出走するレースでは、人気通りに収まらない大荒れの展開になることもしばしば。

各馬を徹底的に分析し、上位人気が沈む展開まで想定できる方以外は波乱度の高いレースを避けるのが無難でしょう。

人気だけで馬を選んでいる

「人気だけで馬を選んでいる」というのも勝てない人にありがちな傾向。

各馬の人気具合には、「あの馬が好きだから勝っておこう!」「前から応援してたから今回も買う!」といった馬券を購入した方それぞれの主観が混ざりあっています。

そのため、調子が悪くても人気のある馬であれば上位人気となりますし、逆に絶好調の馬でもあまり目立っていない場合は下位人気となってしまうことも。

人気順で馬選びをすること自体が悪い訳ではありませんが、当然ながら相応しくないレースがあることは押さえておきましょう。

実例を挙げると以下の通りです。

  • 重賞レースやメインレース
  • 新馬戦

先述したように、重賞レースやメインレースは数々のレースを勝ち抜いた馬が多く出走するため、正直どの馬が勝ってもおかしくありません。

そんな実力拮抗のレースにおいて、参加者の主観が混ざり込んでいる人気順位を鵜呑みにするのは危険です。

さらに、過去の出走データがないデビュー戦においては良血統を持つ馬が上位人気となることが多く、パドックでの様子や仕上がり具合が含まれていないため人気順位はあまり参考になりません。

仮に人気買いをするのであれば、決着の堅いレースを見極めることが重要です。

買い目を広げすぎている

勝てない人の特徴として、必ず当てたい!という気持ちが先行してしまい、買い目を広げすぎてしまっている点が挙げられます。

買い目を広げることで投資金額が多くなってしまうため、仮に当たったとしても回収率100%を下回ってしまうこともしばしば。

どれだけ的中率が高くても、稼げなければ意味がありません。

とにかく当てたい!という気持ちをぐっと堪えて、買い目を広げすぎないようにしましょう。

情報収集を怠っている

様々な予想ファクターがある競馬において、情報収集は基本中の基本。

情報収集なくして、競馬で勝てるのであれば誰も苦労しないでしょう。

最低でも押さえておきたい予想ファクターがこちらです。

  1. 直近の戦績やタイム
  2. 血統
  3. 鞍上との相性・騎手の実力
  4. 距離・コース適正
  5. 天候状況・馬場状態

上記以外にも様々な予想ファクターがありますが、あれこれ気にしてしまうと逆効果にもなりかねません。

一先ず上記で取り上げた5つの予想ファクターを確実に押さえておきましょう。

①から④まではJRA公式サイトにある出走表で調べることができるので是非、チェックしてみてください。

勝ち組に近づく!競馬で勝ってる人の買い方を徹底解説

ここからは皆さんお待ちかね、競馬で勝ってる人の買い方を徹底解説していきます。

先ほどご紹介した、馬券のダメな買い方と照らし合わせながらチェックしていくことで更に理解が深まるはずです。

さっそく、順に見ていきましょう。

自分が予想しやすいレースを見極める

競馬で勝ってる人は、予想しやすいレースを見極めています。

見極める方法は至って簡単。誰でもその日から実践することができます。

予想しやすいレースはこちら。

  • 少頭数で行われるレース
  • オッズが偏っているレース

まず1つ目が、少頭数で行われるレース。

競馬の最大出走頭数は18頭ですが、中には9頭で行われるレースもあります。

出走頭数が半分になれば、単純に当たる確率も倍増するため有利であることは間違いないでしょう。

そして2つ目が、オッズが偏っているレース。

実力が拮抗するレースであればオッズも均衡することが多いですが、実力差が明確になっているレースは上位人気にオッズが偏る傾向があります。

そのような堅いレースにおいては人気買いをしても問題ありません。

注意点として堅いレースであればあるほど配当が低くなるため、馬券を購入する際は配当を見てから点数調整を行いましょう。

人気だけではなく各馬の適正やポテンシャルを考慮する

前走で好成績を残した馬に人気が集まりやすいため、人気だけで判断すると「たまたま前走だけ調子が悪かった馬」を見破れない可能性があります。

そこで重要なのが、過去の成績から適正やポテンシャルを考慮すること。

例えば、A馬が芝2,000mで3連続上位入線していたにも関わらず、前走のダート1,200mでは掲示板すら外してしまったとします。

このような状況下であれば、A馬を前走の結果だけでダメだと判断するのではなく、芝2,000mで行われるレースが得意だと判断して予想していくことが重要です。

好成績を残したレースと同会場・同条件で行われるレースであれば狙い目と判断して良いでしょう。

2つの券種でリスクヘッジをする

2つの券種を用いてリスクヘッジを取ることは、競馬で勝ってる人が多用するテクニックの一つ。

実際の買い方がこちらです。

  • 馬連とワイドを1:1で購入
  • 単勝と複勝を1:2で購入

まず1つ目が、馬連とワイドを1:1で購入する方法。

この買い方の基本的な考え方は、ワイドのことは一切考えずに「馬連1点買い」だけを想定して1,2着に入線する馬を2頭選ぶことです。

狙いとしては、1,2着に入線する馬を選ばなければならない馬連で攻めた予想をしつつ、3着以内に入る馬を当てればいいワイドでリスクヘッジを取るというもの。

鼻からワイドで3着以内の馬を選ぶよりも、買い目が絞りやすいだけではなく勝率が高い馬を見極めることができるはずです。

そして2つ目が、単勝と複勝を1:2で購入する方法。

そもそも単勝馬券と複勝馬券は還元率が他の券種と比べて高いため、稼ぎやすいというメリットがあります。

あとは1つ目の買い方と同様、複勝のことは考えずに「単勝1点買い」だけを想定して先着する馬を選ぶだけ。

とにかく先着する可能性が高い馬を選び、複勝でリスクヘッジを取ることで的中確率を上げることができます。

競馬で勝ってる人の買い方まとめ

競馬で勝ってる人の買い方を一気に解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

今回紹介した考え方や買い方を実践すれば、今よりも勝率が上がることは間違いありませんが・・・

その一方で、競馬で勝ってる人以上に稼ぐ方法が存在するのも事実。

競馬予想にお金をかけるなら、少しでも大きく稼ぎたい!と思うのが一般的な意見でしょう。

そこで、今回は競馬予想サイト解体新書が継続的に検証した上で稼げると判断したイチオシの優良サイトをピックアップしました!

「時間や労力をかけずに競馬で勝ち組になりたい!」という方はぜひ、参考にしてみてください。

iHorse アイキャッチ

サイト名 ランク 券種 無料予想のタイプ 提供数 地方予想 最高払戻
iHorse SS ワイド・3連複 バランス重視 各日1レース あり 153,300円

的中重視のワイドと利益重視の3連複をかけ合わせて予想を提供しているiHorse。

堅めの決着はもちろん、人気通りに収まらない決着も読み当てている点が魅力となっています。

▶iHorseの無料予想成績

レース 券種 投資金額 払戻金額 回収率  
01月25日笠松09R ワイド 10,000円 25,500円 254%  
01月19日名古屋10R ワイド 10,000円 18,700円 187%  
01月16日高知02R 3連複 10,000円 0円 0%  
01月13日小倉11R 3連複 10,000円 32,200円 322%  
12月26日大井08R 3連複 10,000円 97,600円 976%  
12月22日浦和10R ワイド 10,000円 14,500円 145%  
12月18日金沢09R 3連複 10,000円 0円 0%  
12月16日中山11R 3連複 10,000円 153,300円 1533%  
12月10日阪神11R 3連複 10,000円 36,800円 368%  
12月07日笠松11R 3連複 10,000円 34,500円 345%  
12月01日園田12R 3連複 9,600円 0円 0%  
11月28日園田11R 3連複 10,000円 11,300円 112%  
11月26日東京12R 3連複 10,000円 0円 0%  
11月25日京都11R 3連複 10,000円 58,250円 582%  
11月20日浦和09R 3連複 10,000円 71,100円 711%  
11月19日東京07R 3連複 10,000円 59,500円 595%  
11月18日福島01R 3連複 10,000円 46,900円 469%  
11月17日大井10R 3連複 10,000円 46,400円 463%  
11月16日名古屋11R 3連複 10,000円 56,600円 566%  
11月15日名古屋08R 3連複 10,000円 75,300円 753%  
11月14日大井01R 3連複 10,000円 79,500円 795%  
戦績 21戦17勝4敗 的中率 80% 回収率 437%
平均
投資
9,981円 平均
払戻
43,712円
合計収支
209,600円
917,950円
収支 +708,350円

累計収支は70万円を突破!

平均投資金額を約1万円で収めているにも関わらず、4万円を超える平均払い戻しを記録。

それでいて、8割を超える的中率をキープするなど抜群の安定感も魅力と言えます。

無料予想で稼ぎたい方はもちろん、とにかく負けたくない方にも最適。

登録から買い目の受け取りまで完全無料なので、下記からiHorseをチェックしてみてください。