header_logo
LINEリニューアル 限定情報配信中!

馬連はボックス買いが最強!その理由とおすすめの買い方を徹底解説!

馬連ボックス

競馬歴の長い方はもちろん、初心者にもおすすめなのが『馬連』という馬券種。

3連複や3連単と比べると知名度こそ劣りますがコツさえ掴んでしまえば他の券種と同等、もしくはそれ以上に稼ぎやすい券種となっています。

この事実を踏まえて、競馬予想サイト解体新書が『馬連』のおすすめの買い方を入念に調査したところ・・・

馬連ボックスが最強の買い方』であることが判明しました!

本記事では『馬連ボックスが最強』であると判断した理由はもちろん、実践でも役立つ『馬連ボックス』で勝負する際のポイントまで徹底解説していきます。

初心者にもわかりやすく解説しているので是非、最後までご覧ください。

この記事の監修者
監修者画像
解体新書プロジェクト 総責任者
福岡 裕也

1968年11月1日生まれ。慶應義塾大学卒業。

某スポーツ新聞の競馬面を16年担当。その後、独立してフリーのライターとして活動中。競馬だけではなく、競艇・競輪関連の記事やコラムを執筆する。

競馬歴27年・競艇歴30年・競輪歴25年。趣味は海外旅行。年間10回以上は海外へ。

競艇予想サイト解体新書では全体の監修・コラムの執筆を担当。

著書『解体新書〜競馬・競艇・競輪を極めた男の13の法則〜』を出版予定。

...続きを読む

馬連ボックスとは?特徴を解説!

馬連ボックスとは『馬連』を『ボックス買い』することを指します。

そこで今回は、数ある券種の一つである『馬連』と、3種類ある買い方の一つである『ボックス買い』を分けて解説していきます。

まず、『馬連』は1着と2着になる馬の組み合わせを的中させる券種ことを指します。

馬連とは

[出典:JRA公式サイトより引用]

比較されることが多い『馬単』の場合は1着と2着を着順通りに読み当てなければ的中とはなりませんが、『馬連』の場合は2着以内に入る馬を選ぶことで的中となります。

そして、『ボックス買い』は選択した馬の組み合わせをすべて同一金額で購入する投票方法のことを指します。

実際に馬連ボックスで、馬番①〜④までの計4頭を購入したとすると・・・

  • ①-②/①-③/①-④/②-③/②-④/③-④

の計6点となります。

また、『ボックス買い』の他にも『ながし買い』で馬連を購入することができますが、冒頭でもお伝えしたように、初心者からベテランを問わずおすすめできる最強の買い方は馬連ボックス。

次の章で、その理由を徹底解説していきます。

馬連ボックスが最強な理由を徹底解説!

馬連ボックスが最強と言える理由はどのような点にあるのか。

実際に競馬予想サイト解体新書が調査して明らかになったポイントは下記の3点になります。

  1. 軸馬を選ぶ必要がない点
  2. 買い目の網羅性が高い点
  3. ボックス買いの欠点を補える点

上記の3点を中心に、馬連ボックスが最強であると判断した理由をそれぞれ見ていきましょう。

最強な理由①軸馬を選ぶ必要がない点

まず1つ目は、「軸馬を選ぶ必要がない点」です。

馬連ながしで勝負する場合は軸馬を1頭選ぶ必要がありますが・・・

着順を問わず2着以内に入る馬を選べば的中となる馬連であれば、上位入線の可能性が高い馬を1頭や2頭に絞る必要はありません。

そのため、「有力候補は複数頭いるが、軸馬を絞りきれない」といった判断に迷ってしまうレースであっても悩むことなく勝負することが可能。

競馬予想の難所とも言える軸選びをする必要がなくなるため、初心者でも充分に的中が見込めるのがポイントと言えます。

最強な理由②買い目の網羅性が高い点

そして2つ目は、「買い目の網羅性が高い点」です。

軸と相手を決めて購入する「馬連ながし」の場合は、軸馬は当たったが相手馬を読めていなかったなんてこともあり得ますが・・・

ボックス買いであれば選んだ馬の組み合わせを全て購入できるため、買い目を取りこぼす心配はありません。

また、「穴馬の上位入線を警戒しておきたい!」あるいは「判断に迷うけど押さえておきたい!」という場合であっても馬連ボックスであれば網羅することが可能。

人気決着に収まらないような難易度の高いレースにも対応できる点は、紛れもなく馬連ボックスが最強と言える理由と言えます。

最強な理由③ボックス買いの欠点を補える点

最後の3つ目は、「ボックス買いの欠点を補える点」です。

ボックス買いは、買い目を広げて的中を重視する買い方である一方で、買い目の点数が多くなってしまうという欠点も含んでいます。

しかし、着順を問わない馬連と掛け合わせることによって「買い目の網羅性が高い」というボックス買いの強みを活かしたまま、買い目の点数を抑えることが可能。

わかりやすい例を挙げると、馬単を5頭ボックスで購入した際は【5×4】で20点。

一方で、馬連を5頭ボックスで購入した際は【5×4÷2】で10点となります。

上記の例で言えば、同じ5頭を選んだ際の点数の差は10点。

このことからも『馬連』であればボックス買いの欠点を補うことができるというのも理解できるでしょう。

馬連ボックスの欠点と克服するためのコツを解説!

馬連ボックスの欠点と克服するためのコツを解説!

馬連ボックスが最強であることは間違いありませんが、欠点が存在するのも事実。

そこで、ここからは馬連ボックスの欠点と克服するためのコツを解説していきます。

トリガミになりやすい

馬連ボックスの唯一の欠点は「トリガミになりやすい点」です。

Check!
トリガミとは、払戻金額が馬券代を下回ってしまうこと。

着順通りに1着と2着を読み当てなければならない『馬単』と比較すると分かるように、『馬連』は当たる確率が高い分、配当が低くなりやすい傾向にあります。

さらに、買い目の網羅性が高い『ボックス買い』において、点数を気にせず勝負した暁には「想定よりも馬券代が高くなってしまった」なんてことも。

上記2つの要素が相まって、「トリガミになりやすい」ということは確実に押さえておきましょう。

欠点を克服するためのコツは大きく分けて2つ

馬連ボックスを何も考えずに勝負してしまうと「トリガミになりやすい」というのは間違いありませんが・・

反対に、これからご紹介する克服するためのコツを押さえておけば、トリガミのリスクを限りなくゼロに近づけることもできます。

実際に、欠点を克服するためのコツは大きく分けて下記の2つ。

  1. 選定馬をできるだけ絞る
  2. 人気馬のオッズが割れているレースを選ぶ

1つ目は、「選定馬をできるだけ絞る」ということです。

選んだ馬の組み合わせを全通り購入する「ボックス買い」において、選定馬がたった1頭違うだけでも購入点数に大きな差が生まれます。

わかりやすく説明するために、馬連ボックスにおける選定馬の数と購入点数をまとめたものがこちら。

選定馬の数 2頭 3頭 4頭 5頭 6頭 7頭 8頭 9頭 10頭
購入点数 1点 3点 6点 10点 15点 21点 28点 36点 45点
投資金額(1点100円) 100円 300円 600円 1,000円 1,500円 2,100円 2,800円 3,600円 4,500円

このように、選定馬2頭から1頭ずつ増えるごとに購入点数は2点,3点,4点,5点・・・と大きくなっていきます。

たった1頭の差がトリガミに繋がる可能性も否めないため、馬選びは慎重に行うようにしましょう。

そして、2つ目が「人気馬のオッズが割れているレースを選ぶ」ことです。

欠点でもお伝えしたように配当が低くなりやすい馬連の場合、堅いレースとの相性は良くありません。

トリガミになるリスクを最小限に抑えるためにも、人気馬のオッズが割れている混戦模様のレースを選ぶようにしましょう。

【実践編】馬連ボックスの最強の買い方を解説!

ここからは、競馬予想サイト解体新書が調査した結果から明らかとなった馬連ボックスにおける最強の買い方をご紹介していきます。

詳しい紹介に入る前に、調査時に設定した基準を確認しておきましょう。

JRAで公開されていたデータによると、馬連の平均払戻金は1,190円

あくまで平均なのでレースによって前後しますが、11点を越えれば超えるほど負ける確率も上がると考えることができます。

そこで、今回ご紹介する馬連ボックス最強の買い方は10点以下で勝負できる買い方を厳選しました。

  • 馬連4頭ボックス
  • 馬連5頭ボックス

最強の買い方【馬連4頭ボックス】

まずは、馬連ボックスにおいて計4頭選ぶ買い方です。

馬連4頭ボックス
1点100円 計600円
選定馬

①②③④

「できるだけトリガミを回避したい」

「馬選びにはかなり自信がある」

という方は、購入点数を6点に抑えることができる馬連4頭ボックスがおすすめ。

的中に要する最低限の馬を含めて、馬連ボックスのデメリットを完全に排除できる買い方となっています。

実際に、競馬予想サイトが「馬連4頭ボックス」が最強だと判断した際の検証結果がこちらです。

▶️検証結果

日付 2023年9月10日 2023年9月17日 2023年9月18日 2023年9月23日 2023年9月24日
レース 中山11R 中山10R 中山10R 中山11R 中山8R
購入点数(馬券代) 6点(600円) 6点(600円) 6点(600円) 6点(600円) 6点(600円)
買い目 選定馬②⑤⑧⑩ 選定馬⑥⑧②⑨ 選定馬⑦⑨⑪⑥ 選定馬⑤⑨⑪⑧ 選定馬②⑭⑨⑪
結果 的中(7番人気②-⑩) 不的中(9番人気②-⑥) 的中(2番人気⑥-⑨) 的中(3番人気⑤-⑪) 的中(7番人気⑪-⑭)
収支 +2,560円 -600円 +210円 +330円 +1,000円

5レース検証した際の成績は4勝1敗となりました。

検証初日の的中から始まり、2番人気決着→3番人気決着→7番人気決着と立て続けにレース展開を読み当てることに成功。

人気決着に終わったレースにおいて利益を出すことができたことからも、馬連4頭ボックスであればトリガミを防げることが明らかとなりました。

最強の買い方【馬連5頭ボックス】

続いて、馬連ボックスにおいて計5頭選ぶ買い方です。

馬連5頭ボックス
1点100円 計1,000円
選定馬

①②③④⑤

「人気馬と伏兵を絡めて配当も意識したい」

「上位入線する可能性が高そうな馬を5頭選んで勝負したい」

という方は、選定馬を5頭選ぶことができる馬連5頭ボックスがおすすめ。

配当を意識した買い方だけではなく、的中を重視した買い方もできる万能な買い方となっています。

実際に、競馬予想サイトが「馬連5頭ボックス」が最強だと判断した際の検証結果がこちらです。

▶️検証結果

日付 2023年9月10日 2023年9月17日 2023年9月18日 2023年9月23日 2023年9月24日
レース 阪神9R 中山10R 阪神12R 阪神12R 中山8R
購入点数(馬券代) 10点(1,000円) 10点(1,000円) 10点(1,000円) 10点(1,000円) 10点(1,000円)
買い目(左から人気順) 選定馬①⑤③⑦⑥ 選定馬②⑧⑦⑤⑩ 選定馬⑩①⑨②⑬ 選定馬⑨⑥④⑩⑤ 選定馬④②⑨③⑭
結果 的中(9番人気⑥-⑦) 的中(1番人気②-⑧) 的中(5番人気⑩-⑬) 的中(4番人気⑤-⑨) 的中(9番人気②-⑭)
収支 +1,010円 -200円 +1,670円 +280円 +1,600円

5レース検証した際の成績は4勝0敗1トリガミを記録!

1度のトリガミに加えて利益獲得が危ういレースもありましたが、馬連5頭ボックスであれば安定して的中が見込めるでしょう。

また、人気馬と中穴馬で決着がつきそうなレースさえ選べれば相当な実力を発揮できることも明らかとなりました。

馬連ボックスまとめ

以上が、競馬予想サイト解体新書が実際に検証して明らかとなった馬連ボックスにおける最強の買い方になります。

実際に検証した結果は・・・

  • 馬連4頭ボックス
  • 馬連5頭ボックス

上記2つの買い方が最強であるという判断に至りました。

人気決着に収まった場合でもトリガミを回避できる点や中穴馬が上位入線した場合でも読み当てることができる点を踏まえると、どちらも汎用性は抜群。

本記事でご紹介した馬連ボックスの基本的な情報から最強の買い方までマスターすれば、大体のレースに太刀打ちできることは間違いありません。

【馬連で勝ちたい必見】プロの馬連予想を大公開!

本記事でご紹介した内容をベースに、レース選びや馬選びをするだけですが・・・

馬連ボックスの買い方を学んだところで、他の部分で不安な方もいるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、今最も稼げる競馬予想サイトを活用することです。

競馬予想サイトの中には独自の情報網から一般では入手できない情報を仕入れて、買い目に落とし込んでいるサイトがあるのも事実。

今回は、そんな競馬予想サイトの中でも無料予想だけで稼げるサイトを厳選しました。

本記事のテーマである『馬連』で予想を公開しているため、レース選びの参考にするも良し。

自分の買い目とすり合わせて最終確認に使うのも良しです。

馬連を含む無料予想で荒稼ぎ!?【マイルス】

マイルス

  1. 的中率と回収率どちらも抜群の成績を記録!
  2. 平均払戻しは5万円オーバー
  3. 5点〜10点の少点数で予想を当てている
サイト名 ランク 券種 無料予想のタイプ 提供数 地方予想 最高払戻 得意な競馬場 予想公開時間
マイルス SS ワイド・馬連・馬単 バランス重視 週末計2鞍 174,400円  中山・東京・阪神 前日21時ごろ
戦績 14戦10勝4敗 的中率 78% 回収率 375%
平均
投資
13,600円 平均
払戻
51,100円
合計収支
191,000円
716,500円
収支 +525,500円

馬連を含めた3種類の券種でバランス重視の予想を公開しているマイルス。

複数の買い目を公開しているため購入金額が高く感じるかもしれませんが、馬連であれば毎回5点で予想を的中させています。

そのため、マイルスの無料予想を参考に、馬連フォーメーション最強の買い方を併用すれば鬼に金棒。

勝率アップのためにも馬連で勝負する際はマイルスを活用してみてください!