header_logo
LINEリニューアル 限定情報配信中!

競馬は雨で中止になるのか!?中止になる条件や雨の日の予想の仕方をご紹介!

競馬 雨の日 中止 TOP

競馬は雨が降ったら中止になるの?

恐らく、この記事をご覧になっている方のほとんどがこの疑問を持っていることでしょう。

そこで本記事では、競馬が中止になる条件はもちろん。

雨が競馬に与える影響や、雨の日の予想で知っておきたいポイントなど、予想に役立つ情報もご紹介していきます。

この記事を読み終わったあとには、雨の日の勝率がグッと上がること間違いなし。

是非、最後までご覧ださい!

この記事の監修者
監修者画像
解体新書プロジェクト 総責任者
福岡 裕也

1968年11月1日生まれ。慶應義塾大学卒業。

某スポーツ新聞の競馬面を16年担当。その後、独立してフリーのライターとして活動中。競馬だけではなく、競艇・競輪関連の記事やコラムを執筆する。

競馬歴27年・競艇歴30年・競輪歴25年。趣味は海外旅行。年間10回以上は海外へ。

競艇予想サイト解体新書では全体の監修・コラムの執筆を担当。

著書『解体新書〜競馬・競艇・競輪を極めた男の13の法則〜』を出版予定。

...続きを読む

自分で予想するのは危険!?雨の日に強い競馬予想家をご紹介!

本題に入る前に・・・

  • 「雨の日は荒れるから予想が当たらない!」
  • 「雨の日の馬選びが分からない」
  • 「雨の日は予想を変えた方がいいの?」

こんな悩みや疑問をお持ちの方が、本記事をご覧になっていることでしょう。

そんな方のために!

雨の日に結果を残している競馬予想家をご紹介したいと思います。

自分で予想するのも競馬の醍醐味ですが、当てている人の予想を参考にすることも勝つために必要な条件。

雨の日にどんな馬を選んでいるのかを見るだけでも勉強になると思うので、1つ残らずチェックしておきましょう!

▶ランキング作成時の条件

  1. 対象の予想家(競馬予想サイト,競馬予想youtuber,競馬予想AI,競馬評論家)
  2. 各予想家の無料予想を検証
  3. 全予想家,1点あたり1,000円で馬券を購入
ランク 予想家 成績 収支 的中率 回収率 カテゴリー
1位 ヒットザマーク 24戦21勝3敗 +2,327,790円 87% 1058% 競馬予想サイト
2位 えぶり 46戦33勝13敗 +447,510円 71% 294% 競馬予想サイト
3位 ネクロマンシー中井 14戦3勝11敗 +596,280円 22% 821% 競馬予想youtuber
4位 ウマクイック 202戦158勝44敗 +1,740,230円 78% 184% 競馬予想サイト
5位 福来エマ 25戦16勝9敗 +234,600円 64% 137% 競馬予想AI

雨の日に公開された予想を元に、ランキング化してみました。

第1位は的中率・回収率ともに好成績の「ヒットザマーク」。

3連単による無料予想は雨の日だけでなく、どんな条件にも対応することが出来ます。

また、投資金額を抑えたい方は2位の「えぶり」がオススメ。

ワイド・馬連の無料予想は安定感を損なうこと無く、5,000円以内で参加することが出来ます。

一方で、的中率は気にせず一撃で高配当を狙いたい!という方は「ネクロマンシー中井」を参考にするのがベストでしょう。

ランキングは収支の変動に合わせて随時更新していきますので、チェックをお忘れなく!

競馬は雨で中止になるのか!?

ここからが本題。

“競馬は雨で中止になるのか?”

先に結論から言ってしまうと、競馬は雨が降っても中止や延期にはなりません。

「大雨の日には競馬を中止にした方がいい」という意見も一部競馬ファンからあがっているようですが、現時点では多少の雨で競馬が中止になることは無いです。

ただ一部の条件で中止になることがあるので、その際の条件を確認しておきましょう。 

競馬が中止になる条件

競馬中止の条件

競馬が開催中止になる条件として最も多いのが台風と降雪。

ゲリラ豪雨や雷・濃霧などの場合、しばらく様子をみて天候が回復しそうにない場合は中止を余儀なくされます。

また、天皇陛下に不幸があった際に開催が自粛されたり、大規模災害でコースやスタンドの破損が見られた場合にも開催中止となります。

皆さんの記憶にも新しいであろう東日本大震災の時には、被害が甚大だった福島競馬場で全ての開催が中止となりました。

中止の際は「代替競馬」か「続行競馬」で行われる

競馬の開催が中止となった場合、基本的に別日での開催が義務付けられています。

その際は「代替競馬」か「続行競馬」で実施されるので、それぞれの意味を確認しておきましょう。

代替競馬

台風や降雪など人に原因がなく、全てのレースが中止になった場合は「代替競馬」として別日で実施されます。

土日開催の中央競馬では、次の日の月曜日に代替競馬が行われるのが一般的。

その場合は出馬投票をやり直さずに開催されます。

一方で、翌週以降に延期された場合は公正確保の観点から出馬投票をやり直しての開催となります。

続行競馬

すでに一部のレースが実施されていたが、急な天候の変化で開催が打ち切りとなった場合は代替競馬と同じく別日で残りのレースが行われます。

近年では2011年2月12日(土)の小倉競馬で、降雪により実施が困難となったため、4R以降が中止に。

出馬投票をやり直して、2月14日(月)に続行競馬が行われました。

芝からダートに変更される場合もある

2023年の盛岡競馬では、一部のレースが芝からダートに変更して実施されました。

盛岡競馬 芝ダート変更

変更理由は走路状態の悪化。

安全かつ公正な競馬の実施に支障がでると判断されたそうです。

かなりレアケースですが、普段から盛岡競馬で馬券を購入される方は、天候によって左右されやすい競馬場であることを頭に入れておきましょう。

昔は雨天順延が多かった

1930年代の競馬

競馬は雷やゲリラ豪雨など、危険が伴う天候を除いては基本的に雨でも開催されますが・・

1930~40年代の地方競馬では雨天順延が当たり前でした。

今ではコースの水はけも良くなり短時間で馬場状態が回復するようになりましたが、昔は一度雨が降るとコースだけでなく場内にも水たまりが出来ていたのだとか。

当時はインターネットや電話も普及していないので、雨の日は現地に行くまで開催可否が分からないことが多かったようです。

馬券を購入したのに中止になったら?

予定されていたレースが中止となり別日に実施される場合は、原則として出馬投票をやり直した上でレースを開催します。

そのため、購入していた馬券は払い戻しの対象に。

もう一度同じ馬券を買いたい場合でも、一度払い戻してから再度購入する必要があることを覚えておきましょう。

ただし、

  1. まだ馬券が販売されていないレースが中止になった
  2. 代替競馬の日程が直近であることや輸送の影響がない

など、競走馬の体調面に問題がない場合は、出馬投票をやり直さずに実施される場合もあります。

雨が競馬に与える影響

「雨の日の競馬は荒れる」

競馬をやったことがある人なら、一度は耳にしたことがある言葉ではないでしょうか?

ではなぜ、このような言葉が言い伝えられているのか?

それは雨が競馬に与える影響が大きいからです。

具体的にどんな影響があるのか。確認していきましょう。

馬場状態が悪くなる

雨の日の馬場状態

競走馬がレースを走る、あるいは皆さんが予想をする上で重要な要素となる馬場状態。

日本競馬において、馬場状態は以下の4つに分けられます。

芝:踏んだ時に馬場の表面がほとんど変化しない状態
ダート:砂を握っても固まらない
稍重 芝:踏んだ時に水は染み出ないが、馬場の表面がやや凹む状態
ダート:踏んだ時に水は出ないが、握ると団子状に固まる
芝・ダート:表面に水は浮いていないが、踏むと水が染み出る状態
不良 芝・ダート:表面や足跡に水が浮いている状態。

この中でも雨の時に多いのが重・不良馬場。

重・不良馬場になると、芝とダートで異なる特徴が出るようになります。

芝=パワー重視でタイムが遅くなる

ダート=スピード重視でタイムが早くなる

と覚えておきましょう。

ダートコースは走りやすくなる

雨の日のダート

ダートは芝と比べて雨に濡れても砂に足を取られることが少ないので、馬にとっては走りやすくなります。

これは皆さんが砂浜で走ることをイメージすると分かりやすいのですが・・・

乾いた砂浜を走るのと、水分を含んだ波打ち際では、圧倒的に後者の方が走りやすいですよね?

このことから雨の日のダートコースは、パワーやスタミナよりもスピード重視の馬が勝ちやすくなるのです。

雨を嫌う競走馬もいる

雨の日の競走馬

競走馬は動物。

1頭1頭異なる性格を持っており、人間と同じように雨に対する好き嫌いが分かれています

雨でも動じない馬がいれば、雨が気になってしまい落ち着かない馬も存在します。

そのような馬がレースに出走すれば、本来の力を出せずに凡走。

なんてことが起こるため、「雨の日の競馬は荒れやすい」と言われています。

以下では、雨の日の競馬が本当に荒れるのかどうか検証しているので、気になる方は確認してみてください!

騎手の得意・不得意も顕著になる

競馬雨の日中止 騎手の得意不得意

雨が降ると走りに影響が出るのは競走馬だけではありません。

騎手の実力も通常の馬場より重要になります。

その日の馬場状態を見極め、最短距離で走りやすい場所に馬をコントロールできるかが結果に大きく影響します。

騎手によって得意・不得意が顕著になる部分なので、雨の日に成績を残している騎手をしっかりと把握しておくことが重要になるでしょう。

下記では、「重馬場に強い騎手」をランキング形式で紹介しているので、予想の際は参考にしてみてください!

配当が高くなる

 

「雨の日は荒れやすい」ということは当然、配当も高くなります。

その証明として、以下の表を用意しました。

馬券 重・不良
単勝 芝:989円
ダート:881円
芝:1,334円
ダート:1,274円
馬連 芝:4,662円
ダート:6,140円
芝:5,173円
ダート:6,870円

こちらの表は、2022年に実施された馬場状態別の平均配当を単勝・馬連で比較したもの。

良馬場に比べて重・不良馬場で行われたレースは、芝・ダートともに平均配当が高くなっています。

このことから、雨の日になると良馬場時の成績がアテにならず、人気通りの決着になりづらいことが分かるでしょう。

雨の日の予想で知っておきた5つのポイント

荒れる可能性が高い雨の日の予想は、長年競馬をやっている方でも頭を悩ませる問題の1つ。

そこで雨の日の予想で知っておくべき予想のポイントを5つ紹介します。

  • 圧倒的な1番人気は天候に左右されにくい
  • 不人気馬の中で雨に強い馬がいないか確認
  • 逃げ・先行馬が勝ちやすい
  • 芝は内枠・ダートは外枠が有利
  • 雨の日に強い血統を把握しておく

このポイントさえ押さえておけば、雨の日の勝率が上がること間違いなし。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ポイント①:圧倒的な1番人気は天候に左右されにくい

まずチェックしておきたいのが1番人気。

レースによっては1番人気のオッズが2倍以下の場合があります。

オッズは絶対では無いですが、2倍以下の馬であれば他の馬よりも突出した能力があることがほとんど。

多少の馬場状態や天候の変化であれば対応できる可能性が高いです。

参考データとして、2023年東京競馬場の馬場状態別でみた1番人気の勝率をご覧ください。

馬場状態 稍重 重・不良
1番人気 34.8% 32.9% 33.3%

他の馬場状態と比較しても、勝率の差はほとんどありません。

このことから、絶対的な1番人気であれば雨が降っていても好走する確率が高いでしょう。

ポイント②:不人気でも雨に強い馬を探す

続いては、不人気でも雨に強い馬がいないか確認しておきましょう。

「雨の日は荒れる」と言われているのは、大抵こういった馬たちが馬券内に入ることが多いためです。

競走馬には得意な距離やコースがあり、良馬場ではイマイチな成績だった馬が、雨の日になると急に成績が良くなることがあります。

そのため、過去成績の確認は必須。

重・不良馬場で好走している馬がいれば、高配当が狙えるチャンスとなります。

ただし、この狙い方はある程度の人気・実績がある馬のみに有効。

オッズ100倍以上の穴馬がこういった特徴を持っていた場合は、馬券に含めないほうがいいでしょう。

穴馬は仮に重・不良馬場での好走経験があっても基本的な能力が低いため、よほどのことが無い限り馬券内に入るのは難しいです。

ポイント③:逃げ・先行馬が勝ちやすい

競馬の脚質は、逃げ・先行・差し・追い込みの4種類。

その中でも、雨が降ったときは逃げ・先行馬が勝ちやすくなります。

芝コースの場合スピードが出づらく、最終コーナーから直線で追い上げる差しや追い込み馬だと前に届く前にレースが終わってしまうことも。

走りやすくスピード重視のダートでは、前が逃げてしまうと追いつくことは不可能になるでしょう。

したがって、馬場状態の悪い雨の日は差し・追い込みよりも、逃げ・先行馬を中心に馬券を組み立ててみてください!

ポイント④:芝は内枠・ダートは外枠が有利

芝コースの場合、レース開催が重なったことによる馬場状態の悪化については、内側を通る馬が多いため比較的外枠が有利になりますが・・・

雨による馬場状態悪化の場合、芝では内枠が有利になります。

一方、ダートコースの場合は芝コースと同じように内枠が有利とは限りません。

元々ダートはコースの内側にたくさんの砂が盛られており、前の馬の後ろを走っていると砂を被りやすく、走る気をなくしてしまう馬も多いので、内側を好んで走る騎手がいないんです。

そのため、雨の日のダートコースは外枠が若干有利になると覚えておきましょう!

ポイント⑤:雨に強い血統を理解しておく

重馬場・不良馬場の適正は血統からある程度は把握することが出来ます。

その例として、2020~22年に実施されたJRAのレースにおいて、良馬場と重・不良馬場の成績が極端に異なる種牡馬をピックアップしてみました。

種牡馬 勝率 連対率
ゴールドシップ 良:6.0%
重・不良:9.6%
良:14.9%
重・不良:19.3%
キタサンブラック 良:11.0%
重・不良:25.0%
良:22.3%
重・不良:30.6%
エピファネイア 良:9.8%
重・不良:5.4%
良:19.5%
重・不良:17.8%
ジャスタウェイ 良:7.3%
重・不良:2.2%
良:13.5%
重・不良:10.6%

このように良馬場と重・不良馬場で明確に差が出る産駒も少なくありません。

特に、イクイノックスやソールオリエンスなどの活躍馬を輩出したキタサンブラックは重・不良馬場時の勝率が良馬場時の2倍以上となっています。

今後も日本の競馬界で活躍する種牡馬ですので、「キタサンブラック産駒は雨の日に強い」ということを頭に入れておいてください!

雨の日の競馬場での観戦マナー

実は「雨の日の競馬」には観戦マナーがあるんです。

まずは、コチラの動画をご覧ください。

この動画は傘をさしていた方が、他の観客から怒号を浴びせられている瞬間を捉えたもの。

傘を差したことで、後ろの人の視界が妨げられたことが原因で起こったトラブルになります。

このようなトラブルに巻き込まれないためにも、雨の日に競馬を観戦する場合はレインコートの着用がおすすめ。

もちろん明確な決まりがある訳ではないので、絶対に着用する必要はないのですが・・・

全員が気持ちよく観戦できるように出来る限り傘をさすのは控えましょう!

「雨の日の競馬」まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

ここまでの内容を簡単にまとめてみたのでご覧ください。

  • 競馬は雨で中止にならない
  • 台風や降雪、自然災害で中止になることはある
  • 芝はタイムが遅くなり、ダートはタイムが早くなる
  • 雨を嫌う競走馬が多く、荒れた展開になりやすい
  • 配当が高くなる
  • 圧倒的な1番人気は天候に左右されない
  • 過去成績から雨に強い馬をチェック
  • 逃げ馬・先行馬が有利
  • 芝は内枠・ダートは外枠が有利
  • 雨に強い血統を把握する
  • 雨の日の観戦はレインコートの着用がマナー

本来、荒れると言われている「雨の日の競馬」も本記事で紹介したポイントを押さえておけば、勝率アップに繋がること間違いなし。

それでも、「自分で予想するのは面倒だ」という方は・・・

記事の冒頭で紹介した、雨の日に強い競馬予想家が公開する予想に丸ノリしてみてください!

LINE公式アカウントをリニューアル

※2023年10月30日に競馬予想サイト解体新書のLINE公式アカウントをリニューアルしました!
既に登録の方はお手数ですが、下記から再度登録をお願いします。


競馬予想サイト解体新書ではLINE公式アカウントにて"今週欠かせない情報"をリアルタイムで配信しています。

注目レースの激アツ情報や的中速報など、稼げる情報が盛り沢山!

配信内容はどれもLINE公式アカウントでしか手に入らない情報となっているので、厳選情報を逃さないためにも、今すぐ登録しておきましょう。

旧アカウントに登録していた方も、リニューアルされた新規アカウントへの切り替えをお願いします。

LINE公式アカウント詳細