header_logo

フェイトの次走は?競走馬としての評価やPOGのランキングを詳しく紹介!

2歳馬フェイトの次走の予定や気になる評判をチェックしていきます

どうも。管理人の福岡です。

今回は、1億7,600万円で競り落とされた期待の2歳馬「フェイト」を紹介します。

馬名 評価(★10満点) 血統(父・母) セリ取引価格 通算成績 次走予定 生産者 調教師 馬主 通算獲得賞金 POG投票数
フェイト ★★★★★★★★★☆ リアルスティール
サンタフェチーフ
2戦1勝【1-0-0-1】 未定 ノーザンファーム 矢作芳人(栗東) 藤田晋 700万円 12,245人

リアルスティール

2012 鹿毛 Halo系

ディープインパクト

2002 栗毛

サンデーサイレンス
1986 青鹿毛

ウインドインハーヘア
1991 鹿毛

ラヴズオンリーミー

2006 鹿毛

Storm Cat
1994 鹿毛
Monevassia
1994 鹿毛

シーズアタイガー

2011 鹿毛

Wiesenpfad

2003 鹿毛

Waky Nao
1993 鹿毛
Waldbeere
1999 青鹿毛

Saldentigerin

2001 鹿毛

タイガーヒル
1995 鹿毛
Salde
1992 黒栗毛

過去のレース結果が知りたい。

次走はどこを目標にしているのか・・・

など、フェイトの気になるローテーション、主戦騎手、管理の状態、POGの評価、ユーザー方々の評判まで詳しく解説します。

この記事の監修者
監修者画像
解体新書プロジェクト 総責任者
福岡 裕也

1968年11月1日生まれ。慶應義塾大学卒業。

某スポーツ新聞の競馬面を16年担当。その後、独立してフリーのライターとして活動中。競馬だけではなく、競艇・競輪関連の記事やコラムを執筆する。

競馬歴27年・競艇歴30年・競輪歴25年。趣味は海外旅行。年間10回以上は海外へ。

競艇予想サイト解体新書では全体の監修・コラムの執筆を担当。

著書『解体新書〜競馬・競艇・競輪を極めた男の13の法則〜』を出版予定。

...続きを読む

新馬戦は5馬身差の圧勝!

サイバーエージェントの社長藤田晋が管理する期待の2歳馬フェイトを紹介

2022年8月6日に行われた新馬戦。

単勝1.5倍の圧倒的な支持率もなんのその。2着のノエマに5馬身の差を付けて華やかなデビュー戦を飾りました。

ゲートは特に問題もなく、スタートも順調。

道中は少し行きたがる感じもありましたが、鞍上の福永騎手がしっかり抑えて直線。

先頭を走るエイシンエランを”持ったまま”突き放し、残り200mは独壇場。

まさに、フェイトの為のレースでした。

鞍上の福永騎手も、

「ゲートでは少し駐立の悪いところはありつつも、上手く出てくれた。一番良いところで競馬ができて追い出しもしっかりしていたし、良い内容だった。来年はもっと良くなるし、距離ももたせやすそう。」

と、父リアルスティールの無念を晴らせそうな、勢いの感じられるコメントでした。

2022年の2歳は例年に比べて豊作。

レベルは非常に高いですが、その一角になることができるのか・・・

東スポ2歳Sは期待に応えられず5着

快勝した新馬戦から3ヶ月。

単勝7.6倍の3番人気に支持されましたが5着と掲示板まで。

健闘虚しい結果となりました。

道中の動きは悪くなく折り合いも付き、位置取りも問題なく進めましたが、第4コーナーから直線にかけての動きは鈍くGOサインを出すも反応はイマイチでした。

鞍上の福永騎手も「ベストの位置で競馬できたけど、最後は伸びきれなかった。脚が無いわけではない、使いきれなかった感じ」とコメント。

素質や能力ではなく、流れやコンディション。経験の少なさが影響している様な雰囲気を感じました。

陣営としても東スポ杯はスッテプレースだったはず!

初戦の圧勝劇がフロッグと言われないためにも、立て直しに専念してもらいたいです。

フェイトの次走の予定(2022年11月20日更新)

フェイトの次走は今のところ未定です。

前走は”意外と負けてしまった”ような印象があり、一旦は立て直す方向で調整。

条件的にも朝日杯FSは厳しいですし、相手関係で見ても少しハードルは高いように思います。

年内は放牧して休養に専念し、来年からしっかりと仕上げていく。

そんな流れになる可能性が高そうです。

レースには負けましたが、素質は間違いなく上位!

今後の活躍を期待しているユーザーの方も多いので、また進展があれば更新していきたいと思います。

管理馬主はウマ娘の生みの親藤田晋

フェイトを管理しているのは、Abemaやウマ娘の運営をしているSA(株式会社サイバーエージェント)のCEO藤田晋さんです。

フェイトの管理をしているサイバーエージェントの社長藤田晋さんについて

某有名雑誌の対談で「本当に嬉しい」と自身の武豊推しを語るほどの、根っからの競馬好き。

最近は、5億1,711万円のドーブネ(父ディープインパクト)を競り落とすなど、馬主としても本腰を入れ始めています。

そんな藤田晋さんがこれまでに管理してきた馬や、現役の競走馬がこちら。

馬名 血統(父・母) 総賞金 生産者
 ハッピープログレス フリートウイング
シングルワン
2億9,468万円 村上牧場
ジャングロ More Than Ready
 Goodbye Stranger
1億0,217万円 NurseryPlace&Partners
ドーブネ ディープインパクト
プレミアステップス
2,616万円 ノーザンファーム
デュガ Practical Joke
 Untraveled
2,275万円 ErvWoolsey&RalphKinder
チャンスザローゼス エピファネイア
 ヴィンテージローズ
800万円 ノーザンファーム
ランフリーバンクス エピファネイア
ワイルドラズベリー
800万円 ノーザンファーム
フェイト リアルスティール
サンタフェチーフ
700万円 ノーザンファーム
フロムダスク Bolt d’Oro
 Foolish Cause
700万円 SpringhouseFarm
エゾダイモン ハーツクライ
メジロツボネ
630万円 レイクヴィラファーム
ヤングローゼス エピファネイア
ローザフェリーチェ
70万円 ノーザンファーム

藤田晋さんが馬主資格を申請したのが2021年の2月。

競馬好きの沿線上の趣味の一環として始めたのかと思いきや、セレクトセール2021の15億円から始まり、2年で総額45億円を超える爆買いで世に名を広めました。

巷では、ウマ娘バブル。みたいな感じで言われていますが、狙いは、ウマ娘で実名馬の使用承認を貰うための投資。

2021で購入した18頭のうち17頭が「社台グループ(社台ファーム・ノーザンファーム・追分ファーム・白老ファーム)」の馬とわかれば、誰でもピンとくるでしょう。

  • ディープインパクト
  • オルフェーブル
  • キングカメハメハ
  • ブエナビスタ→実装予定?
  • ドゥラメンテ
  • ジェンティルドンナ
  • ジャングルポケット
  • ゴールドアリュール
  • アグネスタキオン→実装済み
  • ヴィクトワールピサ
  • ハーツクライ
  • バブルガムフェロー
  • ネオユニバース
  • ダンスインザムード
  • アドマイヤムーン
  • イスラボニータ
  • タイムパラドックス
  • ダンスインザダーク
  • ソウルスターリング

ご覧の通り、競馬好きじゃなくてもわかる名馬の殆どが、社台グループの管理している競走馬。

9割がウマ娘では未実装です。

擬人化されているからこその良さがあれば、それを気にする大人も多い。

今後の藤田晋さんの動きがウマ娘にどう影響していくのか、管理している競走馬の活躍も含めて気になるところです。

主戦騎手について

新馬戦を任されたのは福永祐一騎手。

フェイトの新馬戦で騎乗した福永祐一騎手

三冠馬コントレイルの主戦を務めたベテラン騎手。

2022年はセリフォスでNHKマイルカップ、カフェファラオでフェブラリーS・南部杯を制するなど、古馬路線の騎乗は申し分なしですが、2歳のデビュー戦はまぁまぁ。

今のところはフェイトの1強で、他に主戦を任される能力の高い競走馬は見つかりませんでした。

クラシックはフェイトで決まりなのか。

それとも、これからデビューを控えている2歳馬の乗り替わりがあるのか・・・

騎手にも注目です。

POGの競走馬指名者数ランキング第4位

POGとは、Paper owner game(ペーパーオーナーゲーム)の略称のこと。

誰でも登録できるJRA主催のゲームを指します。

ルールはこちら。

  • 対象は2歳馬(2023年に3歳になる競走馬)
  • 任意の競走馬を1頭選択
  • 獲得した賞金でポイントゲット
  • オーナーが複数いる場合は山分け
  • ポイントに応じて豪華賞品をプレゼント

簡易的に参加できる1口馬主みたいな感じで、勝鞍の賞金をそのままポイントに還元。

最終的に溜まったポイントで商品が貰えるという仕組みになります。

2022年10月現在、フェイトのは指名数12,245人で第4位。(JRA-VAN調べ

1位のグランヴィノス(指名数16,634人)、2位のダノンザタイガー(指名数14,856人)、3位のオープンファイア(指名数13,358人)と殆ど差はなく、上位4頭はどの馬も強い。

ユーザーの方々の意見も割れています。

現時点での獲得賞金は700万円。(賞金は2022年10月現在の数字です。)

次走の結果次第で色々とざわつきそうです(笑)

なんJ(競馬スレ・掲示板)の評価について

なんJは、2ちゃんねる(現5ちゃんねる)で発足した何でも実況版を表す言葉。

様々な掲示板でそのことについて話をしている=なんjと呼ばれる様になりました。

ということで、フェイトについて語れているスレは存在するのか。

色々な掲示板を調べてみると、「フェイト強すぎワロタwww」というスレタイを発見。

皆さんの意見をまとめてみました。

良い評価

  • これは強い、桁が違う
  • 馬なりで圧勝、鞭なんていらない
  • クラシック戦線乗るだろ
  • 来年のダービー確定したな

悪い評価

  • 時計が遅すぎてなんとも
  • メンバーレベルが低すぎる
  • 社台1頭の接待レースだろ

前評判があったこともあり、想像通りのレースだったことを評価する方が多い反面、他の優秀な2歳馬のレースと比べると大したことはなくね?という意見もありました。

とは言え、レース内容は誰が見ても強かった。

認めたくない、批判したい人が溢れるのも掲示板の特徴です。

意外と投稿している方々の殆どが、フェイトの今後に期待しているのかもしれません。

Twitterでフェイトの評判をチェック

掲示板に出入りをしない、一般の競馬好きの方はフェイトをどう評価しているのか。

リアルタイムの評判をTwitterでチェックしてみました。

かなりの好感触。

次走の東京スポーツ杯2歳Sの軸にする方も多そうです。

一般的な印象はクラシックの主役。

他の2歳馬の動きも気になりますが、どの馬で攻めるか迷っているなら、間違いなく候補に入れておきたい馬になりました。

フェイトのまとめ

以上が、直近のフェイトの紹介になります。

福永騎手のお手馬になるのか。

年内の目標は朝日杯になるのか、まだまだわからないこと、気になることが多い馬ですが、能力は本物です。

馬券を購入する際のヒントにするためにも、今のうちからベンチマークしておきましょう!

LINE公式アカウントバナー

※LINE公式アカウントがシステムの不具合により、2022年8月8日から新しいアカウントになっています。
既に登録の方にはお手数ですが、下記から再度登録をお願いします。

競馬には、言わずとしれた「稼ぎやすいレース」が存在します。

しかし、末端の一般人ではそういった情報は手に入りません。

競馬予想サイト解体新書では、数々の予想サイトを検証するにあたって有益な情報網を獲得しています。

そういった情報網から得られる「注目するべきレース」の情報をLINE公式アカウント登録者限定で配信する用意があります。

参考にする、しないは皆さん次第。

ここでしか手にすることのできない情報を、ぜひ有意義に活用してもらえればと思います。

LINE公式アカウントQRコード