header_logo
LINEリニューアル 限定情報配信中!

オープンファイアの次走は?競走馬としての評価やPOGのランキングを詳しく紹介!

ディープインパクトのラストクロップオープンファイアの画像

どうも。管理人の福岡です。

今回はディープインパクトのラストクロップの1頭。

3億3,000万円で取引された「オープンファイア」を紹介します。

馬名 評価(★10満点) セリ取引価格 通算成績 次走予定 生産者 調教師 馬主 通算獲得賞金 POG投票数
オープンファイア ★★★★★★★★★★ 3億3,000万円 2戦1勝【1-0-1-0】 【GIII】きさらぎ賞 ノーザンファーム 斉藤崇史(栗東) 長谷川祐司 1,132万円 13,324人

ディープインパクト

2002 鹿毛 Halo系

サンデーサイレンス

1986 青鹿毛

Halo
1969 黒鹿毛

Wishing Well
1975 鹿毛

ウインドインハーヘア

1991 鹿毛

Alzao
1980 鹿毛
Burghclere
1977 鹿毛

ゴーマギーゴー

2013 鹿毛

Ghostzapper

2000 鹿毛

Awesome Again
1994 鹿毛
Baby Zip
1991 鹿毛

Magibel

2000 鹿毛

Tale of the Cat
1994 黒鹿毛
Marquetry Road
1995 栗毛

新馬戦のレース内容はどうだったのか。

次走の出走予定はいつなのか。

どのレースを目標にしたローテーションで攻めるのか・・・

などなど、レースの結果から今後の動きを詳しく解説。

2023の主役を飾る1頭になること間違い無しの「オープンファイア」に注目しましょう!

この記事の監修者
監修者画像
解体新書プロジェクト 総責任者
福岡 裕也

1968年11月1日生まれ。慶應義塾大学卒業。

某スポーツ新聞の競馬面を16年担当。その後、独立してフリーのライターとして活動中。競馬だけではなく、競艇・競輪関連の記事やコラムを執筆する。

競馬歴27年・競艇歴30年・競輪歴25年。趣味は海外旅行。年間10回以上は海外へ。

競艇予想サイト解体新書では全体の監修・コラムの執筆を担当。

著書『解体新書〜競馬・競艇・競輪を極めた男の13の法則〜』を出版予定。

...続きを読む

オープンファイアの次走の予定(2023年1月17日更新)

オープンファイアの次走は、2023年2月5日に行われる【GIII】きさらぎ賞に決まりました!

アイビーSの惜敗から約4ヶ月。

悔しい結果に終わってしまった2022年でしたが、そこで明らかとなった成長途上である事実と2,000mにおける伸びしろ。

きさらぎ賞は、中京競馬場の芝2,000mをが舞台となるため、コース適性も申し分ありません。

後は、どれだけ精神面の成長ができているのか・・・

馬の素質は言わずもがなですが、直近の仕上がりと競馬の内容が非常に気になるところ。

担当の斉藤崇調教師曰く「順調ですよ。しっかりと乗り込んで、体調もいいので使うことにしました」というコメントを残していたことからも、2023年初出走となる次戦、重賞初制覇となる可能性は大!

父ディープインパクトの希少なラストクロップ「オープンファイア」に注目です。

オープンファイアはどんな馬?これまでの結果を交えて紹介!

なぜオープンファイアが皆に期待されているのか。

セリで3億円を超える理由はどこにあるの?

そんな方の為に、これまでの結果やレースの内容を紹介します。

幼さ残るも新馬戦を快勝!

オープンファイアの2022年9月11日の新馬戦の結果について

2022年9月11日の新馬戦を見事に快勝。

体調面や調整の部分でデビューが遅くなる可能性も危惧されていましたが、ラスト150メートルの末脚をみたら安心しました。

  • 萩S(L)
  • ベゴニア賞
  • デイリー杯2歳ステークス
  • アイビーステークス

調教師が斉藤崇史さんということもあり、キラーアビリティに近いローテーションを組みそうな予感がするので、上記のレースで一叩きが濃厚です。

その結果次第で朝日杯FSするのか、それとも、年内は休養し皐月賞を目指すのか。

次走の予定が確定した段階で改めて追記させて頂きます。

アイビーSは無念の3着

オープンファイアのアイビーステークスの結果

2022年10月22日に行われたアイビーステークスは無念の3着。

単勝オッズ1.8倍に支持された同世代のライバル馬、チャンスザローゼスが見事逃げ切り人気に応えました。

道中の動きはそこまで悪くなく、鞍上のルメール騎手もレース後のインタビューで「最後は良い脚を使ってくれた。まだ甘いし距離も忙しいけど、2000mから力を発揮できそう。伸びしろはある」とコメント。

展開も不向きでしたし、このレースに関しては鞍上の川田騎手が上手く、チャンスザローゼスもしっかり自分の競馬が出来た文句なしの勝利で、相手が悪かった感もあります。

オープンファイアはまだまだこれから!

成長途上ではありますが、今後の飛躍に期待したいと思います。

主戦騎手について

デビュー戦で騎乗したのはC.ルメール騎手。

オープンファイアのデビュー戦に騎乗したクリストフ・ルメール騎手

2021年は年間で199勝をあげるなど、今や誰もが知るリーディングジョッキー。

腕前は確かです。

レース後のインタビューで「真剣に走ったのは最後だけ」「さすがディープ産駒。2戦目は絶対早い対応ができる。凄く楽しみ。」という、かなり前向きなコメントを残していることから、ルメール騎手本人もオープンファイアの騎乗を志願しているのかもしれません。

POGの競走馬指名者数ランキング第3位

「POGって何?」

「検索結果に出てくるけどよくわからん!」

という方のために簡単に説明すると、JRAが主催しているペーパーオーナーゲームのこと。

ルールは以下の通り。

  • 対象は2歳馬(2023年に3歳になる競走馬)
  • 競走馬1頭を選択
  • 獲得した賞金をポイントに変換
  • 同一馬を選択したオーナーが複数の場合は山分け
  • ポイントに応じて豪華賞品をゲット

「バーチャル馬主」みたいなイメージを持ってもらえるとわかりやすいと思います。

オープンファイアの獲得賞金は1,132万円。(賞金は2022年10月現在の数字です。)

JRA-VANのPOGランキングでは、競走馬指名者数13,358人のランキング第3位と、期待が大きく多くの方々に支持されていますが、賞金は指名者数で山分け。

相当良い結果を残してくれないとポイントの獲得は難しくなりそうです。

なんJ(競馬スレ・掲示板)の評価について

なんJとは、2ちゃんねる(現5ちゃんねる)で発足した何でも実況版の略称のこと。

掲示板やジャンルを問わず、そのことについて話をされている=なんJ、と呼ぶ風習になってきているので、今回は競馬まとめスレで、オープンファイアがどの様な評価なのか。

新馬戦のレース後の投稿を確認してみました。

良い評価

  • あっさり捕まえた!素質ある
  • ドスローなのに差し切りつえー
  • 完全に負けたと思ったら急に来た
  • バケモン

悪い評価

  • エンジンかかるの遅すぎ
  • 新馬戦がピークじゃない
  • モタモタしすぎでチンタラしてる

評価が二分したのはエンジンの掛かり方。

全体的に評価は高く、これからに期待している人が多かった印象ですが、レースの展開がかなり遅かったのにしっかり差しきれたことを評価する人がいれば、その展開と結果を低く評価する人もいました。

良くも悪くも、まだまだこれから。

掲示板あるあるですが、レースの終了直後にスレが立てられているので、なんだかんだ皆さんもオープンファイアに期待しているようです(笑)

オープンファイアの次走と評判のまとめ

以上が、直近のオープンファイアの紹介になります。

競馬界の星と言っても過言ではなく、陣営以外にも競馬に携わる多くの方々がオープンファイアに期待しています。

高額で競り落とされた、という逸話で終わってしまうのか。

それとも、父ディープインパクトのように伝説を残せるのか・・・

これからの動きに注目です!

LINE公式アカウントバナー

※LINE公式アカウントがシステムの不具合により、2023年1月16日から新しいアカウントになっています。
既に登録の方にはお手数ですが、下記から再度登録をお願いします。

競馬には、言わずとしれた「稼ぎやすいレース」が存在します。

しかし、末端の一般人ではそういった情報は手に入りません。

競馬予想サイト解体新書では、数々の予想サイトを検証するにあたって有益な情報網を獲得しています。

そういった情報網から得られる「注目するべきレース」の情報をLINE公式アカウント登録者限定で配信する用意があります。

参考にする、しないは皆さん次第。

ここでしか手にすることのできない情報を、ぜひ有意義に活用してもらえればと思います。

LINE公式アカウントQRコード