header_logo
LINEリニューアル 限定情報配信中!

グランヴィノスの次走は?競走馬としての評価やPOGのランキングを詳しく紹介!

強すぎると話題のグランヴィノスの次走の予定や評判や評価について詳しく解説

どうも。管理人の福岡です。

今回は、浜の大魔神で有名な佐々木主浩さんが管理する「グランヴィノス」を紹介します。

馬名 評価(★10満点) 血統(父・母) セリ取引価格 通算成績 次走予定 生産者 調教師 馬主 通算獲得賞金 POG投票数
グランヴィノス ★★★★★★★★★☆ キタサンブラック
ハルーワスウィート
3戦1勝【1-0-0-2】 未定 ノーザンファーム 友道康夫(栗東) 佐々木主浩 700万円 13,721人

キタサンブラック

2012 鹿毛 Halo系

ブラックタイド

2001 黒鹿毛

サンデーサイレンス
1986 青鹿毛

ウインドインハーヘア
1991 鹿毛

シュガーハート

2005 鹿毛

サクラバクシンオー
1989 鹿毛
オトメゴコロ
1990 栗毛

ハルーワスウィート

2001 栗毛

Machiavellian

1987 黒鹿毛

Storm Cat
1983 黒鹿毛
Yarn
1987 鹿毛

ハルーワソング

1996 栗毛

Nureyev
1977 鹿毛
Morn of Song
1988 鹿毛

直近の成績はどんな感じなのか。

次走の予定は決まっているのか・・・

など、グランヴィノスの気になるローテーション、主戦騎手、管理状態、POGの評価、ユーザーの方達の評判まで詳しく解説します。

この記事の監修者
監修者画像
解体新書プロジェクト 総責任者
福岡 裕也

1968年11月1日生まれ。慶應義塾大学卒業。

某スポーツ新聞の競馬面を16年担当。その後、独立してフリーのライターとして活動中。競馬だけではなく、競艇・競輪関連の記事やコラムを執筆する。

競馬歴27年・競艇歴30年・競輪歴25年。趣味は海外旅行。年間10回以上は海外へ。

競艇予想サイト解体新書では全体の監修・コラムの執筆を担当。

著書『解体新書〜競馬・競艇・競輪を極めた男の13の法則〜』を出版予定。

...続きを読む

グランヴィノスの次走の予定(2023年5月30日更新)

現状次の出走レースは未定

4月29日に開催された前走のテレビ東京杯青葉賞(G2)では、デビュー以来最低の8着に沈んだグランヴィノス。

キタサンブラック産駒で、血統的には晩成型の為ここからレース経験を積んでいけば結果を残してくれる馬だと感じます。

次回の出走レースは決まり次第更新していく予定なので、更新をお待ち下さい!

グランヴィノスはどんな馬?これまでの結果を交えて解説!

なぜ、グランヴィノスがここまで注目されているのか。

これまでの結果やレース内容を振り返り、グランヴィノスの強さや凄さについて復習します。

強すぎる!圧倒的な能力でデビュー戦を大勝利!

圧倒的なスピードで勝利したグランヴィノスの新馬戦

2022年10月10日に行われた新馬戦を圧勝。

4コーナーから大外を回るも、不利な状況を物ともせず鋭く反応してサクッと捉えました。

ラスト3コーナーまでのラップタイムも非常に早く、レース内容的にも手応え抜群。

誰が見ても2歳馬の代表格になること間違いなし。

格の違いを見せつけました。

騎乗した川田騎手は、「素質の高い馬が初戦を迎えられてよかった。このまま順調に進んでいけたら」と一言。

佐々木主浩オーナーからも「まだまだ成長途上だけど、現段階でも兄のシュヴァルグランに比べて、しっかりしている」と新馬戦の快勝を喜んでいました。

陣営からも「いい雰囲気がある」「ディープインパクト産駒と言われても納得してしまう」と、兄弟にあたるブラックタイドの良さをしっかり継いでいると絶賛。

直近の2歳馬の中で、最も評判の良いレース結果でした。

超血統は大器晩成?!京都2歳Sはまさかの6着

グランヴィノス京都2歳ステークス

2022年11月26日に行われた京都2歳ステークス。

デビュー戦の功績によって1番人気として迎えられた本レースは、まさかの6着に終わりました。

序盤から順調なペースでレースを進められていたものの、直線で大きな見せ場を作ることができず敗北。

騎乗した川田騎手は、「競馬はスムーズに回ってこれました。血統的にまだまだ時間が必要な馬。ゆっくり待ちたいです」とコメント。

兄妹のヴェルシーナやシュヴァルグランがG1を制した時期を考慮して、グランヴィノスの大器晩成を待つといった前向きな印象でした。

史上初4兄妹のG1制覇に向けて、無事に成長してくれることを祈ります。

調整不足!?5ヶ月ぶりの実戦も結果を残せず

グランヴィノス青葉賞

2023年4月29日に行われた、テレビ東京杯青葉賞(G2)。

1・2着馬に与えられる5月28日開催の日本ダービー優先出走権を懸けて、3歳馬15頭によって争われました。

序盤は良いスタート切り先頭集団でレースを進めますが、直線で前にいた馬の加速についていけず、デビュー以来最低の8着に沈みました。

レーン騎手は「ポテンシャルがある馬ですがまだ体と頭がついていっていない。少し時間がかかるタイプかもしれない。」と語りました。

次走は今の所未定ですが、デビュー戦のような輝きを取り戻すことができるのか見守っていきましょう。

管理馬主は佐々木主浩

グランヴィノスを管理している馬主は佐々木主浩さん。

元横浜ベイスターズの投手で、アダ名は浜の大魔神。

抑えの投手として有名でした。

これまでに管理してきた馬や、現役の競走馬がこちら。

馬名 血統(父・母) 総賞金 生産者
シュヴァルグラン ハーツクライ
 ハルーワスウィート
10億0,069万円 ノーザンファーム
ヴィルシーナ ディープインパクト
 ハルーワスウィート
4億6,079万円 ノーザンファーム
マジンプロスパー アドマイヤコジーン
ハリウッドドリーム
2億3,883万円 ハシモトファーム
 ヴィブロス  ディープインパクト
ハルーワスウィート
1億8,609万円 ノーザンファーム
 ヴォルシェーブ キングカメハメハ
ヴィルシーナ
1億4,407万円 ノーザンファーム
ヴェルステルキング  サクラバクシンオー
サルスエラ
7,926万円 ノーザンファーム
 アドマイヤマジン フジキセキ
マイワイルドローズ
7,526万円 社台ファーム
 ヴァルコス ノヴェリスト
 ランズエッジ
5,466万円 ノーザンファーム
ディヴィーナ モーリス
ヴィルシーナ
5,064万円 ノーザンファーム
インヴィクタ ハービンシャー
ラスティングソング
3,116万円 ノーザンファーム

2018年のジャパンカップを勝利したシュヴァルグランや、女帝ジェンティルドンナとの名勝負を繰り広げ、2013年のヴィクトリアマイルを制したヴィルシーナなど、馬主としての経験は既に一流。

グラヴィノスの期待も膨らみます。

しかも、グランヴィノスに関しては、お父さんがキタサンブラック。

直近ではキタサンブラック産駒の急成長が目まぐるしいですし、北島三郎さんの管理する馬から名馬が生まれるとなれば、メディアで話題になるのも間違いなし!

大魔神佐々木さんのクラシック制覇となるか、成長が楽しみです。

主戦騎手について

新馬戦を任されたのは川田将雅騎手。

ダノンザタイガーの主戦になる川田将雅騎手について

「ダノックス」との関わりが非常に深く、2022年はダノンザタイガー、ダノントルネードと期待の2歳馬への騎乗依頼が既に確定しています。

ローテーション次第で乗り替わりの可能性は大?

次走の結果で変わるのか、それとも、クラシック戦線の攻め方で変更があるのか、今のところ予測はできませんが・・・

武豊騎手・C.ルメール騎手・M.デムーロ騎手など、どの方に乗り代わっても面白い気はしますね。(物凄く個人的な感想ですが、私みたいな方も多いハズ笑)

POGの競走馬指名者数ランキング第1位

「POGってなんのこと?」

「よく見るけど意味がわかってない」

という方のために簡単に説明すると、誰でも登録できるJRA主催のオーナーゲームを指します。

ルールはこちら。

  • 対象は2歳馬(2023年に3歳になる競走馬)
  • 任意の競走馬を1頭選択
  • 獲得した賞金でポイントゲット
  • オーナーが複数いる場合は山分け
  • ポイントに応じて豪華賞品をプレゼント

簡易的に参加できる1口馬主みたいな感じで、勝鞍の賞金をそのままポイントに還元。

最終的に溜まったポイントで商品が貰えるという仕組みです。

2022年10月現在で、グランヴィノスは指名数16,634人で堂々の1位。(JRA-VAN調べ

2位のダノンザタイガー(指名数14,856人)と約2,000人の差をつけています。

現時点での獲得賞金は700万円。(賞金は2022年10月現在の数字です。)

期待通りの結果を残すことができるのか、色々な意味でプレッシャーがヤバいですね(笑)

なんJ(競馬スレ・掲示板)の評価について

なんJは、2ちゃんねる(現5ちゃんねる)で発足した何でも実況版を表す言葉。

様々な掲示板でそのことについて話をしている=なんjと呼ばれる様になってきています。

ということで、グランヴィノスについて語れているスレを調べていると、2ちゃんねる(現5ちゃんねる)で発見しました。

良い評価

  • ハルーワスウィートがやべぇ
  • ギア上げた時の動きが異常
  • 競馬のセンスが良い
  • 大種牡馬になれるかも

掲示板でも大絶賛。

評価の低いコメントを書き込んでいる人はほとんどおらず、レースっぷりはもちろん、母のハルーワスウィートがあまりにも名牝すぎることが話題になっていました。

グランヴィノスがGIを勝利すると、ハルーワスウィートの子供のGI勝利数は5回。

繁殖牝馬として知名度は高くありませんが、今回を気に肌馬としての価値が急上昇する可能性も・・・

第二のウインドインハーヘアの日も近いのでは!?

Twitterで「強すぎる」と話題のグランヴィノス

デビュー前から評判が良かったこともあり、勝馬投票券を購入した人やレース後の近況について発信する人など、グランヴィノスはTwitterでも大賑わいでした。

単勝の支持率は1.8倍。

デビュー戦を難なくこなせたこと安心している方も多く見られました。

今のところアンチはいなさそうです(笑)

グランヴィノスの次走と評判のまとめ

以上が、直近のグランヴィノスの紹介になります。

主戦騎手は誰になるのか。

年内はGIを狙うのか、それとも、来年に向けての調整のみになるのか。

いずれにしても、2023年を代表する1頭になるのは決まっています。

馬券を購入する際のヒントにするためにも、今のうちからベンチマークしておきましょう!

LINE公式アカウントをリニューアル

※2023年10月30日に競馬予想サイト解体新書のLINE公式アカウントをリニューアルしました!
既に登録の方はお手数ですが、下記から再度登録をお願いします。


競馬予想サイト解体新書ではLINE公式アカウントにて"今週欠かせない情報"をリアルタイムで配信しています。

注目レースの激アツ情報や的中速報など、稼げる情報が盛り沢山!

配信内容はどれもLINE公式アカウントでしか手に入らない情報となっているので、厳選情報を逃さないためにも、今すぐ登録しておきましょう。

旧アカウントに登録していた方も、リニューアルされた新規アカウントへの切り替えをお願いします。

LINE公式アカウント詳細