header_logo
LINEリニューアル 限定情報配信中!

ダノンザタイガーの次走は?競走馬としての評価やPOGのランキングを詳しく紹介!

POGランキング第1位の期待エース!ダノンザタイガー

どうも。管理人の福岡です。

今回は、2億9,700万円で取引された、2020年のハーツクライの最高傑作。

ダノンザタイガー」を紹介します。

馬名 評価(★10満点) 血統(父・母) セリ取引価格 通算成績 次走予定 生産者 調教師 馬主 通算獲得賞金 POG投票数
ダノンザタイガー ★★★★★★★★★★ ハーツクライ
シーズアタイガー
2億9,700万円 3戦1勝【1-2-0-0】 【GIII】共同通信杯 ノーザンファーム 国枝栄(美浦) ダノックス 2,311万円 9,969人

ハーツクライ

2001 鹿毛 Halo系

サンデーサイレンス

1986 青鹿毛

Halo
1969 黒鹿毛

Wishing Well
1975 鹿毛

アイリッシュダンス

1990 鹿毛

トニービン
1983 鹿毛
ビューパーダンス
1983 黒鹿毛

シーズアタイガー

2011 鹿毛

Tale of the Cat

1994 黒鹿毛

Storm Cat
1983 黒鹿毛
Yarn
1987 鹿毛

Shandra Smiles

1998 鹿毛

Cahill Road
1988 鹿毛
Beyond the Storm
1990 黒栗毛

レースの内容はもちろん、次走の出走予定はいつなのか。

2歳王者を狙っているのか、それとも、クラシックに向かって調整するのか・・・

ダノンザタイガーの気になるローテーション、主戦騎手、ユーザーの評価についても詳しく解説します。

この記事の監修者
監修者画像
解体新書プロジェクト 総責任者
福岡 裕也

1968年11月1日生まれ。慶應義塾大学卒業。

某スポーツ新聞の競馬面を16年担当。その後、独立してフリーのライターとして活動中。競馬だけではなく、競艇・競輪関連の記事やコラムを執筆する。

競馬歴27年・競艇歴30年・競輪歴25年。趣味は海外旅行。年間10回以上は海外へ。

競艇予想サイト解体新書では全体の監修・コラムの執筆を担当。

著書『解体新書〜競馬・競艇・競輪を極めた男の13の法則〜』を出版予定。

...続きを読む

ダノンザタイガーの次走の予定(2023年1月17日更新)

ダノンザタイガーの次走は、2023年の【GIII】共同通信杯を予定しています。

年内の競争は一旦終えて放牧。

陣営の動き的には一本叩いてクラシックに参戦する。という意向になりそうです。

前走の東京スポーツ杯2歳ステークスでは、勝ちこそ譲りましたが能力目立つハーツコンチェルトに勝っていますし、精神名の成長も著しく仕掛けもいい感じ。

以前よりも格段に良くなっているので、激闘を是非リアルタイムで御覧ください!

ダノンザタイガーはどんな馬?これまでの結果を交えて紹介!

ダノンザタイガーの魅力はどんなところなのか。

注目を浴びる名馬の走りっぷりや成績を、過去のレース結果や内容と合わせて紹介していきます。

デビュー戦は末脚届かずの2着

ダノンザタイガーの新馬戦の結果について

2022年6月12日に行われた新馬戦。

単勝1.4倍と圧倒的な支持を得たダノンザタイガーは、スタートのヘタもなく道中は折り合いもいい感じ、自分のペースで中団から追走します。

第三コーナーを過ぎた辺りから徐々にギアを入れると、最後の直線はエンジン全開!

キレッキレの末脚に驚かされるも、直線届かず惜しくも2着。

悔いの残る1戦となりました。

しかし、レース後に「これからに期待できる馬だし、精神面もしっかり成長してる。」というコメントもあり、陣営的にもまだ成長途上ですが結果以上に得るものも大きかった、という印象。

次のレースでしっかり挽回してくれるでしょう。

危なげない走りで未勝利戦をV

2戦目は、2022年8月13日の未勝利戦。

単勝1.2倍の圧倒的な人気に応えました。

ダノンザタイガーの未勝利戦は単勝1.2倍の圧倒的人気に応えて勝利

スタートの出遅れもなく道中の折り合いも完璧。

新潟の長い直線に入り少し外に持ち出すと、残り200mであっさり先頭を走るピーエムギャレットを捉えて快勝。

少しふらつく場面もありましたが、ギアが入ってからの走りは、新馬戦の時よりも更にキレが増している。

GIIIくらいまでなら敵なし!という感じの力強い走りでした。

鞍上の川田騎手も「初戦よりも内容のある競馬だった。最後はまだまだ動けないけど、そういう面が成長してくれれば良いと思う」とコメント。

国枝調教師は「コレが初戦なら良かった(笑)まだ馬がのんびりしている、これから秋にかけてパワーアップしてくれる」と初勝利に少し安心した様子でした。

とは言え、とりあえずの1勝!

良血馬だからこその課題は山積みですが、ここからが本番です。

東スポ杯2歳ステークスはまたも惜敗!

未勝利戦から3ヶ月空けの1戦は、2022年11月19日の【GIII】東京スポーツ杯2歳ステークス。

ガストリックに追走するも届かず、2着という悔しい結果になりました。

ダノンザタイガーの東京スポーツ杯2歳ステークスの結果について

単勝5.1倍の2番人気。

前走を5馬身差で圧勝したハーツコンチェルトに人気を譲る形でゲートイン。

スタートは可もなく不可もなく、しっかりと道中も折り合いをつけて位置取りもいい感じ。

落ち着いた状態で第4コーナーに差し掛かると、少しづつギアを上げて最後の直線。

手応えはありましたが、惜しくも届かずの展開となりました。

鞍上を任された川田騎手も「素晴らしい背中をしている馬。プラス12キロもまだまだ成長している余地を残しているし、2戦目よりも遥かにいい内容で動いてくれた。来年が楽しみ」とコメント。

結果よりも大きな収穫があったレースとなりました。

出遅れて尚、強さを見せつけたハーツコンチェルトは今後もライバルになりますし、2022年の2歳は本当に豊富です。

その中でクラシック筆頭の1頭になれるのか・・・

私も期待が高まります。

調教師は国枝栄

担当は国枝栄調教師。

これまでに管理してきた馬や、現役で面倒を見ている馬の一覧がコチラ。

馬名 血統(父・母) 総賞金 生産者
アーモンドアイ ロードカナロア
フサイチパンドラ
15億1,956万円 ノーザンファーム
マツリダゴッホ サンデーサイレンス
ペーパーレイン
6億5,013万円 岡田スタッド
アパパネ キングカメハメハ
ソルティビッド
5億5,859万円 ノーザンファーム
カレンブーケドール ディープインパクト
ソラリア
4億5,805万円 社台ファーム
ハヤヤッコ キングカメハメハ
マシュマロ
1億9,620万円 ノーザンファーム
サトノフラッグ ディープインパクト
バラダセール
1億5,042万円 ノーザンファーム
サークルオブライフ エピファネイア
シーブリーズライフ
1億4,132万円 千代田牧場
アンティシペイト ルーラーシップ
アンチュラス
1億1,679万円 追分ファーム
オウケンムーン オウケンブルースリ
ムーンフェイズ
6,990万円 ノーザンファーム
コマンドライン ディープインパクト
コンドコマンド
4,025万円 ノーザンファーム

名馬アーモンドアイやアパパネを筆頭に、2021年はサークルオブライフで阪神JFを勝利など、クラシック戦線だけでなく、2歳馬の仕上げる技術も最高峰。

数々の名馬を輩出してきている名調教師ですが・・・

一番の目標はなんと言ってもダービー制覇。

悲願の初勝利となるか。

ダノンザタイガーの成長に注目しましょう!

主戦騎手について

主戦は川田将雅騎手。

ダノンザタイガーの主戦になる川田将雅騎手について

2020年はダノンザキッドでホープフルステークスを勝利。

2021年はダノンスマッシュでスプリンターズステークスを勝利するなど、

「ダノックスと言えば?」

と聞かれて、最初に思い浮かぶのが川田騎手なのは私だけでは無いはずです。

厩舎との関係だけでなく、馬との相性もかなり良さそうなので、本番まで川田騎手で走ってもらいたいのですが・・・

同年で注目されている、ダノントルネードも主戦は川田騎手。

ローテーション次第にはなりますが、乗り替わりがあるようなら、どっちを選ぶのかは気になります。

POGの競走馬指名者数ランキング第1位

「POGよく聞くけどなんのこと??」

「調べてみたけど全然わからない」

という方のために簡単に説明すると、誰でも登録できるJRA主催のオーナーゲームのこと。

ルールはこちら。

  • 対象は2歳馬(2023年に3歳になる競走馬)
  • 任意の競走馬を1頭選択
  • 獲得した賞金でポイントゲット
  • オーナーが複数いる場合は山分け
  • ポイントに応じて豪華賞品をプレゼント

簡易的に参加できる1口馬主みたいな感じで、勝鞍の賞金をそのままポイントに還元。

最終的に溜まったポイントで商品が貰えるという仕組みです。

ダノンザタイガーは競走馬指名者数14,856人でランキング第2位!

佐々木主浩さんが管理する1位のグランヴィノス(指名数16,634人)と約2,000人近い差はあるものの、多くの方がダノンザタイガーに期待していることがわかります。

現時点での獲得賞金は800万円。(賞金は2022年9月現在の数字です。)

陣営と同様に多くの方が支持しているので、G1を1勝したくらいじゃ獲得できるポイントは雀の涙。

とりあえず”クラシック三冠”くらいはしてくれないと、豪華賞品の獲得は難しそうですね(笑)

なんJ(競馬スレ・掲示板)の評価について

なんJは、2ちゃんねる(現5ちゃんねる)で発足した何でも実況版を表す言葉。

様々な掲示板でそのことについて話をしている=なんjと呼ばれる様になってきています。

ダノンザタイガーについて話をしている板はあるのか?

色々調べてみたところ、競馬ニュース速報という掲示板にスレを発見したので、評価をまとめてみたところ・・・

良い評価は一切なし。

競馬の内容があまりにも悪かったせいか、掲示板は少し荒れ気味でした。

内容はこちら。

悪い評価

  • 成長途上でまだまだ
  • 馬は強いかもしれないが騎手が悪い
  • 出遅れは調教不足
  • 余裕ぶっこきすぎ

馬の評価というよりは、鞍上の川田騎手への罵倒が強めです。

そこそこ競馬に詳しい方々が話をしているのもあって、国枝調教師ので始めはこんなもの。

評価は上がるかもしれないが、騎手の扱い方次第、という声もあり、期待と不安が入り混じっている印象を受けました。

とにかく罵倒したい、叩きたい、は掲示板あるあるですが、レースが終了じた時点で主がスレを立てていること。

そのスレに一目散に書き込む人達が多いところをみると、注目していることに変わりはなさそうですし、重賞を1回でも勝った瞬間に豹変することも既にわかりきっています。

手のひらが返る瞬間が楽しみです(笑)

ダノンザタイガーの次走と評判のまとめ

以上が、直近のダノンザタイガーの紹介になります。

多くのファンと国枝調教師の期待に応えることができるのか。

それとも「こんな馬いたな〜」くらいの実績で幕を終えてしまうのか・・・

今後のレースをお見逃しなく!

LINE公式アカウントバナー

※LINE公式アカウントがシステムの不具合により、2023年1月16日から新しいアカウントになっています。
既に登録の方にはお手数ですが、下記から再度登録をお願いします。

競馬には、言わずとしれた「稼ぎやすいレース」が存在します。

しかし、末端の一般人ではそういった情報は手に入りません。

競馬予想サイト解体新書では、数々の予想サイトを検証するにあたって有益な情報網を獲得しています。

そういった情報網から得られる「注目するべきレース」の情報をLINE公式アカウント登録者限定で配信する用意があります。

参考にする、しないは皆さん次第。

ここでしか手にすることのできない情報を、ぜひ有意義に活用してもらえればと思います。

LINE公式アカウントQRコード