header_logo
LINEリニューアル 限定情報配信中!

セントウルステークス2023を過去の傾向から徹底分析!出走予定馬とレース展開を紹介

今回は、2023年9月10日に阪神競馬場で行われるセントウルステークス(G2)についてポイントをまとめましたのでご紹介します。

少し先週の振り返りを

新潟記念は1番人気のサリエラがまさかの4コーナー手前で騎手の手が動き出して追い出してからもいつものキレが見られず、じわじわポジションを上げる展開となり結果7着となりました。ただ勝ち馬とは0.4秒差、2着とは0.2秒差と着差ほど負けてはおりませんでしたが、本来のこの馬のパフォーマンスでは明らかにありませんでした。

勝ったのは唯一の3歳馬、ノッキングポイント。日本ダービーが勝ち馬と0.2秒差の5着はフロックではありませんでした。

斤量は54キロだったものの3歳夏に古馬相手に重賞勝利はなかなかだったと思います。

馬券としては軸だったサリエラが馬券圏外ということで万事休す。

先週は的中しただけに2週連続的中と行きたかったですが、残念。

再び仕切り直して気合を入れて予想していきたいと思います。

過去のこのレースの勝ち馬はダノンスマッシュ、タワーオブロンドン、ファインニードルなど錚々たるメンバーで、このレースを勝てば、スプリント戦線の主役となることは間違い無いでしょう。

スプリンターズステークスを予想する上でもしっかりとセントウルステークスを見ておきましょう。

本記事では、出走馬確定後に競馬予想20年筆者の独自予想とレース展望も公開します。

週末のメインレースの予想に悩んでいる方は是非最後までご覧ください。

この記事の監修者

競馬予想家。『たんぷくの当たる無料競馬予想』管理人。 緻密なデータ分析と有力馬診断には定評があり、Twitterのフォロワーは21,000人を超える。 過去には8度のトリプル馬単の的中を記録し、現在はnetkeibaでもウマい馬券の予想家として活躍中。 Youtubeチャンネル『地方競馬予想「たんぷく」』noteでも予想を提供するなど幅広く活動している。 小学生の頃からダビスタにハマった、根っからの競馬好き。好きなコンビはグラスワンダーと的場均騎手。

セントウルステークスとは?開催概要とコースについて紹介

セントウルステークスは、3歳以上の芝重賞(G2)でスプリンターズステークスの重要なステップレースとなります。2020年から2022年までは中京競馬場で行われていましたが、今年から阪神競馬場に戻って参りました。

今回で37回目という歴史が長いレースです。1999年までは芝1400mで行われていましたが、2000年からは距離が1200mとなりました。2014年からセントウルステークスの1着馬にスプリンターズステークスへの優先出走権が与えられるようになりました。

tanpuku_hanshinkeiba4

※以下、セントウルステークスの競走条件と賞金の詳細です。

競争条件 賞金
サラ系3歳以上 1着 5,900万円
JRA所属馬(未出走馬および未勝利馬を除く) 2着 2,400万円
地方競馬所属馬 3着 1,500万円
外国調教馬(優先出走) 4着    890万円

勝ち馬の賞金は4,900万円。

本大会は、サマースプリントシリーズの第6戦目、最終戦であり、このレースでサマースプリントシリーズの優勝が決まります。サマースプリントシリーズ第5戦のキーンランドカップを終えた現在のランキングは以下の通りです。

tanpuku_summersprint

ポイントランキグ上位10頭の中で、今回出走してくる馬はおりません。

このままジャスパークローネがサマースプリントシリーズのチャンピオンになりそうです。

セントウルステークスのコース特徴

セントウルステークスはは、阪神競馬場の芝コース、右回り1,200m(内)で行われます。

tanpuku_阪神競馬場

出典:JRA 阪神競馬場コース紹介

スタート地点は向正面の2コーナーよりからスタートです。毎年桜が残っているかどうかが気になります。JRAの造園課の職員の方々はもっと気にかけていることでしょう。

スタートからはほぼ平坦で残り800m付近から徐々に降っていいます。

最後の直線のゴールまで残り190m付近まで下った後は高低差1.8メートルの坂が待ち構えます。

直線は外回りより100m以上短く356mとなっており、急坂がある分、差しが決まりやすい&パワーも必要ですが、あまり直線が長く無いのである程度、直線に向かうまでに前を射程距離に入れておく必要があるでしょう。

1.8メートルだけ聞くとそこまでキツい坂という印象は受けませんが、勾配は1.5%となかなかキツいです。

阪神競馬場や中山競馬場のような急坂を苦にしない馬が有利にはなるでしょう。

セントウルステークス2023の出走登録馬

ここでは2023年9月6日現在、セントウルステークスへの出走が予定されている馬と特徴をご紹介します。

馬名 脚質 血統(父・母) 馬年齢
アグリ 先行 Caravaggio
オールドタイムワルツ
牡4歳
エイシンスポッター 差し エイシンヒカリ
マーゼリン
牡4歳
ジャングロ 逃げ More Than Ready
Goodbye Stranger
牡4歳
スマートクラージュ 先行 ディープインパクト
レジェトウショウ
牡6歳
テイエムスパーダ 逃げ レッドスパーダ
トシザコジーン
牝4歳
ディヴィナシオン 差し ヴィクトワールピサ
フギン
牡6歳
ドルチェモア 先行 ルーラーシップ
アユサン
牡3歳
ビッグシーザー 先行 ビッグアーサー
アンナペレンナ
牡3歳
ピクシーナイト 差し モーリス
ピクシーホロウ
牡5歳
ブトンドール 差し ビッグアーサー
プリンセスロック
牝3歳
ホウオウアマゾン 先行 キングカメハメハ
ヒカルアマランサス
牡5歳
ボンボヤージ 差し ロードカナロア
ディープインアスク
牝6歳
モリノドリーム 差し モーリス
グロリエッテ
牝4歳
レジェーロ 差し キズナ
ロックフェアレディ
牝6歳
ロンドンプラン 追込み グレーターロンドン
パッションローズ
牡3歳
ヴァトレニ 先行 グラスワンダー
チアフルスマイル
せん5歳

ジャングロ

前走は1年2ヶ月の休養明けでアイビスサマーダッシュに出走し、6着。長期休養明けですし、陣営も無理はさせてなかったと思います。どちらかというと無事に走り切ってくれてホッとしているの方が気持ち的には強いでしょう。

この馬のポテンシャルは疑う余地もなく、中京2歳ステークスを逃げ切りでレコード勝ち。その日に行われた古馬2勝クラスも同コースで行われましたが、このレースも逃げ切りでレースは決まりましたが、タイムは中京2歳ステークスの方が0.5秒も速かったですし、斤量も古馬2勝クラスを勝ったのは52キロ、ジャングロは55キロでした。

卓越したスピード能力は疑いようもなく、叩き2走でスプリントということで重賞2勝目を期待します。

ピクシーナイト

前走は京王杯スプリングカップに出走し勝ち馬と0.4秒差の8着。今回は4ヶ月の休み明け。

前々走の高松宮記念は1年3ヶ月の長期休養明けで不良馬場の中で出走。完全に度外視でいいですし、復帰2戦目となった前走の京王杯スプリングカップでは8着と負けはしたものの、勝ち馬と0.4秒差と着差ほど負けておりません。

得意の1200mに戻りますし、長期休養明け2戦した後の疲れはリフレッシュできたでしょうから、得意舞台である1200mに戻って良馬場で走ればかなりやれると思います。

ビッグシーザー

前走は葵S3着。デビュー以来7戦して3着いないを外したことはありません。

人気はデビュー以来ずっと1番人気です。

前走は巷で話題になっているモズメイメイのロケットスタートに屈し、逃げ切りを許しましたが、勝ち馬とは0.1秒差で背負った斤量を考えると悲観することは全然ありません。

今回はセントウルステークスということでスプリンターズステークスの前哨戦に当たるので古馬の1級戦の馬たちとどの程度やれるか試金石です。

セントウルステークス過去の優勝馬一覧

次の表はセントウルステークス過去10年の優勝馬の一覧になります。

開催数 馬名 脚質 血統(父・母)
第36回 メイケイエール 4 先行 ミッキーアイル
シロインジャー
第35回 レシステンシア 4 先行 ダイワメジャー
マラコスタムブラダ
第34回 ダノンスマッシュ 8 先行 ロードカナロア
スピニングワイルドキャット
第33回 タワーオブロンドン 5 差し Raven’s Pass
スノーパイン
第32回 ファインニードル 8 先行 アドマイヤムーン
ニードルクラフト
第31回 ファインニードル 5 先行 アドマイヤムーン
ニードルクラフト
第30回 ビッグアーサー 1 逃げ サクラバクシンオー
シヤボナ
第29回 アクティブミノル 2 逃げ スタチューオブリバティ
ピエナアマゾン
第28回 リトルゲルダ 1 先行 Closing Argument
ビジューミス
第27回 ハクサンムーン 8 逃げ アドマイヤムーン
チリエージェ

過去の勝ち馬を見るとスプリント戦線では大将格の馬ばかり。つまりここを勝てばスプリントG1での活躍は約束されたものと言えるでしょう。

出走メンバーがどうしても時期的にもスプリンターズステークスのステップレースとして使われるので、出走馬の質が高く、レースレベルが高いので、スプリント戦線の大将格が好走するという傾向は変わらないでしょう。

tanpuku_meikeie-ru2022

今年はどのようなレース結果となるでしょうか?データを分析して傾向を探っていきたいと思います。

血統的側面

セントウルステークス
血統別ランキング-2023年最新版-
RANK(回数) 馬名
4回
  • 重賞コラム用ディープインパクト産駒アドマイヤムーン
4回
  • 重賞コラム用ロードカナロア産駒ロードカナロア

過去5年の血統を見てみると1番馬券に絡んでいる父はアドマイヤムーンとロードカナロアで4回。

3番手が、ダイワメジャーでとなります。

今回出走登録馬の中でアドマイヤムーン産駒はおらず、ロードカナロア産駒は、ボンボヤージのただ1頭。

ダイワメジャー産駒も今回は出走がありません。

tanpuku_bonboya-ji

脚質的側面

過去10年の脚質別の成績を紹介します。(データは中京で行われた2020年〜2022年を除く2010~2019年の過去10年間)

脚質 勝率 連対率 複勝率
逃げ 30.0% 40.0% 40.0%
先行 10.5% 23.7% 31.6%
差し 6.0% 10.0% 22.0%
追込 0.0% 4.3% 6.4%

逃げ馬の勝率、連対率、複勝率が高い。開幕週ということで、逃げてそのまま粘るケースが想定されます。

馬券に絡んでいる頭数を見ると、逃げ馬は4頭、先行馬は12頭、差し馬11頭、追込馬は6頭となっています。馬券に一番絡んでいるのは先行馬で12頭。差し馬も馬券に多く絡んでいますが、開幕週でもあるのである程度前を射程圏に入れて競馬をした馬が有利となるでしょう。

枠順的側面

過去10年の枠順別データを紹介します。(データは中京で行われた2020年〜2022年を除く2010~2019年の過去10年間)

勝率 連対率 複勝率
1枠 16.7% 25.0% 25.0%
2枠 6.3% 12.5% 18.8%
3枠 5.9% 5.9% 11.8%
4枠 0.0% 5.0% 20.0%
5枠 15.0% 25.0% 25.0%
6枠 5.0% 10.0% 10.0%
7枠 0.0% 10.0% 20.0%
8枠 10.0% 20.0% 35.0%

過去10年の枠順別データを見ると一番複勝率が高いのが8枠で35.0%。次に1枠と5枠でで25.0%となります。

馬券に絡んだ回数を見ると7回馬券に絡んでいる8枠が一番馬券に絡んでおります。次が5回馬券に絡んでいる5となります。

開幕週で短距離なので内枠が有利かと思いきやそうでもありません。数値的には内有利、外有利という傾向までは見えません。

単勝オッズ的側面

過去10年の単勝人気別データを紹介します。(データは中京で行われた2020年〜2022年を除く2010~2019年の過去10年間)

人気 勝率 連対率 複勝率
1番人気 40.0% 80.0% 90.0%
2番人気 20.0% 50.0% 60.0%
3番人気 0.0% 0.0% 20.0%
4番人気 20.0% 20.0% 30.0%
5番人気 0.0% 10.0% 30.0%
6番人気 10.0% 20.0% 20.0%
7番人気 0.0% 10.0% 20.0%
8番人気 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 0.0% 0.0% 10.0%
10番人気 10.0% 10.0% 10.0%
11番人気 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0.0% 0.0% 10.0%
13番人気 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0.0% 0.0% 0.0%

過去10年の単勝人気別データですが、1番人気の成績が圧倒的で、連対率90%

1番人気に逆らうとほぼ当たらないレースとなります。

2番人気も過去10年で6頭馬券に絡んでいます。

基本的には人気通りに決まりやすいレースで、8番人気以下の馬は過去10年で3頭しか馬券に絡んでいません。

思い切って8番人気以下の馬を切ってから馬券を組み立てるのも良いかもしれません。

騎手的側面

ここからは、過去5年の阪神芝1,200mの騎手成績を紹介します。

阪神 1,200m
騎乗回数ランキング-2023年最新版-
RANK(勝率/連対率) 騎手名
5.9%/12.9%
  • tanpuku_wadaryuji和田竜二
7.9%/22.4%
  • tanpuku_matsuyama松山弘平

6.6%/11.8%

  • tanpuku_miyukihideaki幸英明

※このコースの騎乗数が多い順上位3人を記載しています。

勝利数で見るとは武豊騎手12勝。次が北村友一騎手の7勝。3番手は2人いて、松山弘平騎手、福永祐一騎手の6勝となっています。

この中で今回騎乗予定の騎手は、幸英明騎手(ビッグシーザー)です。

セントウルステークス2023出走馬確定(9月9日更新)

2023年9月9日に行われるセントウルステークスの出走馬と枠順が確定しました。

馬番 馬名 騎手 連対率
1 ロンドンプラン 吉田隼人 50%
2 ヴァトレニ 藤岡佑介 29%
3 レジェーロ 藤岡康太 26%
4 ドルチェモア 池添謙一 50%
5 ジャングロ 武豊 60%
6 ビッグシーザー 幸英明 71%
7 エイシンスポッター 角田大河 43%
8 アグリ 横山典弘 55%
9 ボンボヤージ 川須栄彦 25%
10 ピクシーナイト 戸崎圭太 45%
11 テイエムスパーダ 富田暁 36%
12 ブトンドール 菱田裕二 43%
13 ディヴィナシオン 団野大成 28%
14 スマートクラージュ 岩田望来 44%
15 モリノドリーム 鮫島克駿 42%

15頭立てとなりました。阪神競馬場の天気ですが、今のところ土曜日は良さそうで、日曜日は15時から雨予報となっています。レース直前の雨ということもあり得そうで、最近の雨は一気に降って一気に止むみたいなことが多いので、レース直前で馬場状態が変化するかもしれません。

ここからは、私なりのレース考察を交えて予想を公開していきたいと思います。

まずは展開予想から。

出走馬の展開予想
先団 中団 後方

②ヴァトレニ

③レジェーロ

④ドルチェモア

⑤ジャングロ

⑥ビッグシーザー

⑧アグリ

⑩ピクシーナイト

⑪テイエムスパーダ

⑭スマートクラージュ

①ロンドンプラン

⑨ボンボヤージ

⑫ブトンドール

⑮モリノドリーム

⑦エイシンスポッター

⑬ディヴィナシオン

先行勢は多数いますが、逃げたいという馬は少数で、その中でも枠順的にジャングロが先手を取るでしょう。武豊騎手が先手を取ると、絶妙なペースになりがちなので、粘られないためにもジャングロが動く前に後続馬はジャングロを追い立てる必要があると思います。この点は騎手も分かっていると思います。阪神内回りで直線は短いですが、最後急坂があるので最後の1ハロンでガラリと前が変わることもあるでしょう。これだけ先行勢がいると勝負どころでごちゃつきそうで、上手く馬群を捌けない馬も出てくるでしょうし、差し、追込み馬は内をすくう競馬ではなく外外を回らざるを得ないので、開幕週でもありますし、先行勢が有利の展開となりそうです。

たんぷくの買い目を限定公開!

最後に私が注目している馬をご紹介します。日曜日昼にはこちらで公開いたしますのでお楽しみに。

ジャングロ
注目馬画像

注目ポイント

前走は1年2ヶ月の休養明けのでアイビスサマーダッシュで6着。間違いなく今回は上積みがあるでしょう。この馬のスプリント能力は疑いようもありません。
2歳時に古馬2勝クラスより速いタイムを出してレコード勝ちするくらいですからスプリント戦線は適鞍と言えるでしょう。今回の鞍上は主戦の武豊騎手に戻りますし、武豊騎手のペース配分は間違いないでしょうから、この馬のスタイルである逃げが決まれば古馬相手でも十分勝ち負けできるでしょう。ここを勝つようであればスプリンターズステークスの勝利はかなり見えてくると思います。

ピクシーナイト
注目馬画像

注目ポイント

前走は京王杯スプリングカップに出走し0.4秒差の8着。今回は4ヶ月の休み明け。

元々は3歳でスプリンターズステークスを制した実力馬。この時は2着レシステンシアに2馬身をつける完勝。これからはこの馬がスプリント戦線を引っ張っていくのだろうと思った矢先、香港で故障。1年以上の休養を余儀なくされました。
前々走の高松宮記念は長期休養明けで不良馬場の中で出走。無事に走ってこれただけでOKでしょうし着順は度外視でいいでしょう。次戦である前走の京王杯スプリングカップでは8着と負けはしたものの、勝ち馬と0.4秒差と着差ほど負けておりません。

今回は短期休養明けで疲れをリフレッシュし得意舞台である1200mに戻って良馬場で走れればまだまだやれると思います。

エイシンスポッター
注目馬画像

注目ポイント

前走はCBC賞6着。
この馬はいつも最後素晴らしい脚を使います。良馬場でも不良馬場でも関係なく素晴らしい脚を使うので、展開がハマれば重賞でも上位に食い込んでくるだろうと思っています。
今回も道中は脚をためて最後にかける戦法を取るでしょうが、ジャングロがハイペースで逃げた場合はこの馬にとって有利に働くでしょうし、
そうじゃなくても先行勢が多いので、前はごちゃつくし、腹を括って後方からの競馬なので、直線でそれらの馬よりスムーズに加速でき、自慢の末脚を炸裂といったシーンがイメージつきます。
思ったより人気していますが、面白い1頭だと思います。

◎8 アグリ 横山典
○6 ビッグシーザー 幸
▲10 ピクシーナイト 戸崎圭
△14 スマートクラージュ 岩田望

予想日 レース名 グレード
9月10日(日) セントウルステークス G3
買い方  
組み合わせ  

単勝/馬複/3連複フォーメーション

1列目

  • 8

2列目

  • 6
  • 10
  • 14

3列目

  • 6
  • 10
  • 14
  • 7
  • 2
  • 1
  • 12

 

 

 

セントウルステークス2023攻略まとめ

ここまで、2023年9月10日に行われるセントウルステークス(G2)に関する概要と過去のデータ、展開、注目馬、買い目を紹介してきました。

いよいよ秋競馬も開幕という感じです。秋のG1戦線開幕戦であるスプリンターズステークもいよいよ近づいてきました。本記事でも申し上げておりますが、セントウルステークスとスプリンターズステークスは直結するレースです。結果は必ず注目して、スプリンターズステークスに繋げましょう。

詳しい情報とセントウルステークスの予想は枠順が確定次第追記していきます。

是非続報をお待ちください。

コメントを投稿する

ニックネーム※任意

タイトル

内容

※業者・自作自演の口コミの場合削除する可能性があります。

LINE公式アカウントをリニューアル

※2023年10月30日に競馬予想サイト解体新書のLINE公式アカウントをリニューアルしました!
既に登録の方はお手数ですが、下記から再度登録をお願いします。


競馬予想サイト解体新書ではLINE公式アカウントにて"今週欠かせない情報"をリアルタイムで配信しています。

注目レースの激アツ情報や的中速報など、稼げる情報が盛り沢山!

配信内容はどれもLINE公式アカウントでしか手に入らない情報となっているので、厳選情報を逃さないためにも、今すぐ登録しておきましょう。

旧アカウントに登録していた方も、リニューアルされた新規アカウントへの切り替えをお願いします。

LINE公式アカウント詳細