header_logo
LINEリニューアル 限定情報配信中!

セットアップの次走はどのレース!?世代の主役に名乗りを上げた注目牝馬を徹底解析!

セットアップトップ画像

どうも。管理人の福岡です。

今回は、2023年7/9に2歳新馬戦でデビューした「セットアップ」を紹介していきます。

馬名 評価(★10満点) 血統(父・母) セリ取引価格 通算成績 次走予定 生産者 調教師 馬主 通算獲得賞金
セットアップ ★★★★★★★★★★ デクラレーションオブウォー
スリーアロー
4,620万円 3戦2勝【2-1-0-0】 12/17朝日杯FS(G1) フジワラファーム 鹿戸雄一(美浦) 嶋田賢 3,976万円

デクラレーションオブウォー

2009 鹿毛 Danzig系

War Front

2002 鹿毛

Danzig
1977 鹿毛

Starry Dreamer
1994 芦毛

Tempo West

1999  栗毛

Rahy
1985 栗毛
Tempo
1992 栗毛

スリーアロー

2011 黒鹿毛

アルデバランⅡ(米)

1998 鹿毛

Mr.Prospector
1970 鹿毛
Chimes of Freedom
1987 栗毛

ピサノベネチアン

2002 栗毛

サンデーサイレンス(米)
1986 青鹿毛
ストームザミント(米)
1993 黒鹿毛

本記事では、デビュー戦の結果から他ユーザーの評価等、セットアップに関する情報を余すこと無く記載しています。

セットアップの詳細や今後の動向について気になる方は是非、最後まで御覧ください。

この記事の監修者
監修者画像
解体新書プロジェクト 総責任者
福岡 裕也

1968年11月1日生まれ。慶應義塾大学卒業。

某スポーツ新聞の競馬面を16年担当。その後、独立してフリーのライターとして活動中。競馬だけではなく、競艇・競輪関連の記事やコラムを執筆する。

競馬歴27年・競艇歴30年・競輪歴25年。趣味は海外旅行。年間10回以上は海外へ。

競艇予想サイト解体新書では全体の監修・コラムの執筆を担当。

著書『解体新書〜競馬・競艇・競輪を極めた男の13の法則〜』を出版予定。

...続きを読む

セットアップの次走について(2023年11月14日更新)

前走の札幌2歳ステークス(G2)で重賞初制覇を果たしたセットアップ。

そんなセットアップの次走は12月17日に阪神競馬場で行われる朝日杯FS(G1)に決定しました。

朝日杯FSは来年のクラシック戦線を占う重要なレースとなること間違いなし。

セットアップが2歳馬のライバル達を相手にどんなレースを見せてくれるのか、当日を楽しみに待ちましょう。

セットアップはどんな馬?これまでのレース成績を振り返る

「そもそもセットアップはどんな馬なの?」

「もっとセットアップについて詳しく知りたい!」

という方に向けて、これまでのレース内容を振り返りながら、セットアップの魅力についてご紹介します。

【1戦目】デビュー戦は惜しくも2着・・・

セットアップデビュー戦

2023年7月9日に函館競馬場で行われたメイクデビュー函館

同じデクラレーションオブウォー産駒では2歳時から優秀な成績を収めている3歳馬のトップナイフがいますが、レース前はそこまで注目を集めておらず、単勝オッズ13.8倍の5番人気でした。

レースは好スタートを決まると序盤から先頭に立ちます。

道中も先頭をキープし直線に入りましたが、最後は1番人気レガレイラに強烈な末脚に捉えられ2着でのフィニッシュ。

結果は惜しくも2着でしたが、レガレイラやカルパなどの有力馬がいた中で上位を取れたことが競馬ファンからの注目を受ける要因となったのでしょう。

【2戦目】1番人気の期待に応え、デビュー2戦目で初勝利!

セットアップ2戦目

2023年8月19日に行われた札幌競馬場で行われた2歳未勝利戦

新馬戦では5番人気ながら期待を感じさせるレースを見せたため、単勝オッズ2.4倍の1番人気に推されました。

レースはデビュー戦と同じくスタートから先頭に立つ形に。

道中も後続との差を4馬身差に広げ、直線に入ります。

直線では2番人気スパークリシャールに差を縮められましたが、なんとか逃げ切りデビュー2戦目で初勝利を挙げました!

勝ち時計の1分48秒5は、ソダシが持つ札幌競馬場2歳コースレコードに0.3秒まで迫る好成績。

鞍上の横山武史騎手も「まだまだ完成途上の中でこの勝ち方ができた。これからが楽しみです。」と今後に向けての活躍を予感させるようなコメントを残していました。

【3戦目】4馬身差の圧勝で重賞初制覇!出世レースを制して世代の主役へ

セットアップ2戦目

2023年9月2日に行われた札幌競馬場で行われた札幌2歳ステークス(G2)。

ガイアメンテやギャンブルルームなどデビュー前から注目を集める強力なライバル達に次ぐ、単勝オッズ6.8倍の3番人気に。4番人気のパワーホールには父・横山典弘騎手が騎乗するため父子対決としても注目を集めていました。

このレースでも序盤から得意の形である逃げの展開に。

道中も全く緩めることがなくリードを3馬身差に広げて直線コースに入ります。

直線でも勝負どころで追走に手一杯になる後続を尻目にリードを広げ、最後は2着に4馬身差をつける圧勝でフィニッシュ。

雨でぬかるんだ稍重馬場に苦戦する馬も多かった中で、勝ち時計1分48秒5での逃げ切りには鹿戸雄一調教師も満足げなコメントを残していました。

クラシック活躍馬を多数輩出する出世レースを制したことで、一気に世代の主役に名乗りを挙げたセットアップ。

次走の朝日杯FS(G1)ではより厳しい戦いになると思われますが、セットアップがどんな走りを見せてくれるのか楽しみにしておきましょう!

セットアップの主戦騎手について

セットアップ主戦騎手

デビューから3戦全てでコンビを組んでいるのは日本競馬若手のホープである横山武史騎手。

数多くのG1レースを制覇している実力の持ち主ですが、世代の頂点を決まる日本ダービー(G1)では4戦中2着が2回と悔しい結果に終わっています。

セットアップがこのまま好成績を収め続け、日本ダービーに出走することができれば同馬での初制覇も見えてくるかもしれません。

次走の朝日杯FS(G3)の鞍上が横山武史騎手であれば、主戦騎手がほぼ決定的になると思いますので、引き続き動向を追っていこうと思います!

なんJ(競馬スレ・掲示板)の評価について

なんJとは、2ちゃんねる(現5ちゃんねる)で発足した何でも実況版を指す言葉。

掲示板やジャンルを問わず、そのことについて話をされている=なんJ、と呼ぶ風習があります。

良くも悪くもの意見が飛び交う掲示板で、セットアップの評判はどうなのか。

2ちゃんねるを始めとした、スレ板を調べていると・・・

札幌2歳ステークス後に投稿された

「セットアップ強すぎワロタwww」

というスレを見つけたので、内容をまとめてみました。

主な内容がこちら。

良コメント

  • なんだこれ完璧なレースじゃん
  • 武史来年こそこの馬でダービー獲るか?
  • 今年の牝馬は豊作だな

悪コメント

  • 親父のアシストえげつなくて笑った
  • これに勝ったレガレイラは化け物だな

レース展開や来年の日本ダービー制覇を期待する声など高評価のコメントが多数。

一方で、セットアップがデビュー戦で負けているレガレイラについてのコメントが多く、「これに勝ったレガレイラの強さが証明されたな」というコメントには私も納得してしまいました。

次走は12/17朝日杯FS(G1)。

このレースの結果次第では、競馬ファンの皆さんの評価も変わってくるかもしれません。

次走のレースが終わり次第、評価を再確認したいと思いますので追記をお待ち下さい!

セットアップの戦績と評判まとめ

ここまで、セットアップについて詳しくご紹介してきましたがいかがでしたか?

セットアップの出走予定は分かり次第、随時更新していく予定。

次はどのレースに出走するのか知りたい!セットアップのレース結果を知りたい!

という方は今のうちにブックマークしておくことをオススメします。

LINE公式アカウントをリニューアル

※2023年10月30日に競馬予想サイト解体新書のLINE公式アカウントをリニューアルしました!
既に登録の方はお手数ですが、下記から再度登録をお願いします。


競馬予想サイト解体新書ではLINE公式アカウントにて"今週欠かせない情報"をリアルタイムで配信しています。

注目レースの激アツ情報や的中速報など、稼げる情報が盛り沢山!

配信内容はどれもLINE公式アカウントでしか手に入らない情報となっているので、厳選情報を逃さないためにも、今すぐ登録しておきましょう。

旧アカウントに登録していた方も、リニューアルされた新規アカウントへの切り替えをお願いします。

LINE公式アカウント詳細