ニュースリリース

2017.6.14

米国VerizonはYahoo買収を完了。子会社である、新生Oathの下で50以上の多様なブランドの集合体を発起。

米国VerizonはYahoo買収を完了。子会社である、新生Oathの下で50以上の多様なブランドの集合体を発起。

米ベライゾンリリース原文はこちら

 米国ベライゾン コミュニケーション社は、本日米国ヤフー社のオペレーティング事業の買収を完了しました。

 ベライゾンは、これらの資産を現在のAOLビジネスと統合し、新生子会社Oathのもとで50以上のメディアやテクノロジーブランドをひとくくりにし、世界で10億人以上のユーザーとのエンゲージを可能にします。

 Oathのポートフォリオには、HuffPost, Yahoo Sports, AOL.com, MAKERS, Tumblr, BUILD Studios, Yahoo Finance, Yahoo Mail などが含まれ、build brands people love(愛されるブランドを築く)というミッションを掲げています。

 ベライゾンのPresident of Media & Telematics、 Marni Walden氏は、「今回の買収完了は、当社がデジタルメディアカンパニーとして必要なグローバルスケールを育む重要なステップです。ベライゾンとOathの統合された資産、VRからAI、5GからIoT、コンテンツパートナーシップからオリジナルコンテンツをもって、新しくエキサイティングな方法で世界中のオーディエンスを惹きつけていきます。」と述べています。

 旧AOL CEOのTim Armstrongは、新生OathのCEOとなり、これはベライゾンのMedia and Telematics組織の一部となります。Timは2016年7月にヤフー統合のアナウンスメントがされて以降、統合計画チームをリードし、Oathは本日よりデジタル&モバイルのグローバルリーダーとしてオペレーションを開始します。

Armstrongは、「当社はパワフルなテクノロジーをもって、信頼できるプレミアムコンテンツや付加価値の高いオリジナルデータで、未来のブランドを築きます。我々は、ニュース、スポーツ、ファイナンス、テクノロジー、エンターテインメント、ライフスタイルなど圧倒的なコンシューマー向けコンテンツと、市場をリードするアドテクノロジープラットフォームを併せ持っています。買収が完了した今、最良のコンシューマーメディアとして、また最良の広告、コンテンツ、パプリシャーパートナーとして事業に邁進できることを非常にうれしく思います」と述べています。

【 本件に関する報道関係の皆様からのお問い合せ先 】

Oath Japan株式会社 企業広報室 担当:高橋 E-mail: info@aolplatforms.jp

株式会社井之上パブリックリレーションズ Oath Japan株式会社担当 浦賀/小迫
TEL: 03-5269-2301 FAX: 03-5269-2305 E-mail: aol@inoue-pr.com

《ご注意》
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。