ニュースリリース

2016.7.29

デジタル広告プラットフォームを提供するAOLプラットフォームズ・ジャパンがアドビのオーディエンス管理ソリューション「Adobe Audience Manager」と連携を開始


デジタル広告プラットフォームを提供するAOLプラットフォームズ・ジャパンがアドビのオーディエンス管理ソリューション「Adobe Audience Manager」と連携を開始

デジタル広告プラットフォームのAOLプラットフォームズ・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役社長:花崎茂晴 以下AOLプラットフォームズ・ジャパン)は、提供するDSP「ONE by AOL: Display」、「ONE by AOL: Video」およびアドネットワーク「advertising.com」において、アドビ システムズ 株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:佐分利ユージン、以下 アドビ)のオーディエンス管理ソリューション「Adobe Audience Manager」と連携を開始いたしました。

この連携により広告主や広告会社は、マーケティング活動のためのオーディエンスプロファイルを構築するデータ管理プラットフォーム(DMP)「Adobe Audience Manager」で収集・管理する1st Party Dataを活用し、AOLプラットフォームズ・ジャパンが保有する3rd party Dataを掛け合わせることによって、最適なターゲティングによる広告配信ができるようになります。第一号案件としてKDDI株式会社がすでにこの連携を活用した広告配信を開始しています。

両社によるパートナーシップはすでにアメリカ、イギリスにて活発に行なわれていますが、日本国内ではこの度の連携が初めての取り組みです。

AOLプラットフォームズ・ジャパンがアドビのオーディエンス管理ソリューション「Adobe Audience Manager」と連携

Adobe Audience Managerについて

Adobe Audience Managerは、企業が持つオンラインとオフラインのデータを統合し、ビジネス要件に合わせたオーディエンスセグメントを構築し、広告出稿やサイト内のターゲティング、最適化等を行うことができる、アドビのオーディエンス管理ソリューションです。分析ソリューション「Adobe Analytics」およびターゲティング ソリューション「Adobe Target」とのシームレスな連携により、ターゲットになり得るオーディエンスを素早く発見し、的確なアクションを取ることが可能となります。

■ アドビ システムズ 株式会社 会社概要

代表者:代表取締役社長 佐分利ユージン
日本オフィス所在地:〒141-0032 東京都品川区大崎1-11-2 ゲートシティ大崎イーストタワー
設立:1982年12月
事業内容:クラウドソリューション事業

AOLプラットフォームズ・ジャパン株式会社 について

AOLプラットフォームズ・ジャパンは、AOL Advertising Inc.と三井物産株式会社の共同出資により、2006年12月にアドバタイジングドットコム・ジャパン株式会社として誕生しました。現在では、アドネットワークに留まらず、動画広告DSP/SSP、ディスプレイ広告DSP/SSPなどデジタル広告領域のあらゆるソリューションを提供しております。今後もデジタルマーケティングの統合プラットフォームとして、更なるサービスの拡大を目指して参ります。

■ AOLプラットフォームズ・ジャパン株式会社 会社概要

代表者: 代表取締役社長 花崎茂晴
本社所在地: 〒107-0062 東京都港区南青山2-27-25 オリックス南青山ビル
設立年月日: 2006年12月1日
URL: http://www.aolplatforms.jp/

【 本件に関する報道関係の皆様からのお問い合せ先 】

AOLプラットフォームズ・ジャパン株式会社 コーポレートコミュニケーション室
担当:小金丸(ayako@nwcom.jp)
TEL: 090-7849-9808

《ご注意》
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。