ニュースリリース

2016.7.26

米ベライゾンが米ヤフーのオペレーティング事業を買収

モバイルメディア産業に10億人のユーザー(∗1)を抱える新たなライバルが参入

AOL プラットフォームズ・ジャパンのDSP「ONE by AOL: Display」サイズミック・テクノロジーズの第三者配信アドサーバーと連携、リッチメディアに対応した広告配信が可能に

米国ニュージャージー州ベイスキンリッジ&カリフォルニア州サニーベイル - 2016年7月25日

米国AOLリリース原文はこちら

米国ベライゾン コミュニケーション社(NYSE、ナスダック:VZ、以下ベライゾン)と米国ヤフー社(ナスダック:YHOO、以下ヤフー)は本日、ベライゾンがヤフーのオペレーティング事業を現金約48億3000万ドルで買収することについて最終合意に至ったことを発表します。なお本契約は最終調整プロセスを経た上で確定します。

ヤフーは、サーチ、コミュニケーション、デジタルコンテンツなどのサービスを通し、全世界で10億人以上の月間アクティブ ユーザー(∗2)(6億人の月間アクティブモバイルユーザー(∗3)を含む)に情報、通信、エンターテインメントを提供しています。ヤフーはまた、データ、コンテンツ、テクノロジーを組み合わせた数々の広告技術を通じ、広告主をターゲットされたオーディエンスに結び付けています。

ベライゾン会長兼CEO、ローウェル・マックアダムは次のように話しています:

「当社は約1年前に、消費者、クリエーター、広告主にクロススクリーンのコネクションを提供するという戦略を促進するため、AOLを買収しました。今回のヤフー買収により、ベライゾンは世界でもトップクラスの規模を誇るモバイルメディア企業の一つとして非常に高い競争力を有することになるとともに、デジタル広告の領域における当社の収益性を加速させます。」

ヤフーは、ベライゾンEVP(上級副社長)で製品改革・新ビジネス部門部長のマーニ・ワルデンの下でAOLと統合されます。

ヤフーCEO(最高経営責任者)、マリッサ・メイヤーは次のように話しています:

「ヤフーは世界を変えた企業であり、この度のベライゾンとAOLとの統合をもって今後も世界を変え続けます。ヤフーのオペレーティング事業の売却は事実上、株主にとって当社の保有するアジア投資資産からヤフーの価値を分離し、解放するという計画において重要なステップです。また、この取引はヤフーの配信ネットワークを広げ、モバイル、ビデオ、ネイティブアド、ソーシャルメディアでの事業を加速させる素晴らしい機会を提供してくれます。」

メイヤーはまた、このように付け加えます:「ヤフーとAOLは、インターネット、メール、サーチ、リアルタイムメディアなどを世に普及させてきました。ヤフーがモバイルでの成功を収めた後、その次の時代に入るにあたりAOLとベライゾンと協力体制を組むことは、むしろ詩的でさえあります。当社には、忠実で豊富な経験があり、質の高い素晴らしいチームが存在します。2015年にGAAPベースの収入が16億ドルに達した新たなビジネスを展開したことも含め、私は当社の今日までの偉業を大変誇りに思っています。この取引を通じて当社の勢いを一層加速させられることに、大変興奮しています。」

AOL CEO、ティム・アームストロングは次のように話しています:

「AOLは、人々に愛されるブランドを創造する(Build Brands People Love)というミッションにこれからも投資し、育んでゆきます。ヤフーは長らくプレミアムコンテンツの創造に投資し、スポーツ、ニュース、ファイナンスなどの重要な領域で、消費者に最も愛されるブランドを世に送り出してきました。」

AOLはアームストロングの下、ハフィントン・ポスト、テッククランチ、エンガジェット、MAKERS、そしてAOL.comなどを含む世界的プレミアムブランド、ならびにONE by AOLなどを含む広告主と媒体社双方の市場をリードするプラットフォームに投資し、成長させて来ました。

アームストロングはこのように付け加えます:「私達はヤフーの業績に多大な敬意を抱いています。この取引はヤフーの可能性を最大に引き出し、両社の相乗効果を生み、その成長を強化、加速させるためのものです。ベライゾン、AOL、ヤフーの統合は、モバイルメディア産業にとって強力で競争力の高いライバルの参入を意味し、さらに広告主と媒体社に対しては、オープンで最適化された新たな選択肢を提供できることになります。」

ヤフーのベライゾン、AOLへの加入は、オウンドあるいはパートナーシップによる世界的ブランドメディアの最大のポートフォリオの一つを作り上げます。25以上のブランドを有するそのポートフォリオにおいて、投資と成長は継続されるでしょう。ヤフーの主な資産には、ファイナンス、ニュース、スポーツなどの重要な領域で市場をリードするプレミアムコンテンツブランドや、約2億2500万人(∗4)の月間アクティブ ユーザーを持つ、世界でもトップクラスの人気を誇るメールサービスがあります。

広告に関する他の技術資産として、プログラマティックDSP(デマンドサイドプラットフォーム)であるBrightroll、独立モバイルアプリ分析サービスのFlurry、ネイティブ&サーチアドソリューションのGeminiなどもあります。

この取引は慣習的な成立要件を満たした後、ヤフーの株主、規制当局の承認を経て、2017年の第1四半期に完了する見込みです。完了するまでヤフーは、ユーザー、広告主、開発業者、パートナーへより良い製品やサービスを提供するべく、独立して運営を継続します。

ベライゾンは、完了時に未払いのヤフーのRSU(制限付き株)には、現金決済されたベライゾンのRSUを発行します。

この売却には、ヤフー所有の現金、アリババ・グループ・ホールディングスの株式、ヤフージャパンの株式、ヤフーの転換社債、特定の少数投資、および(エキスカリバーポートフォリオと呼ばれる)ヤフーの非中核特許は含まれません。これらの資産はヤフーが継続して所有します。ヤフーは完了時に社名を変更し、上場した投資会社として登録されます。ヤフーは近日、この投資会社に関する追加情報を発表します。

ヤフーは株主にそのほとんど全ての純現金を返還する予定で、適当な時期にその特定の資本の返還方法を決定し、通達します。

  • ∗1:Based on Yahoo internal metrics, Jan. 2016 and AOL Internal, June 2016
  • ∗2:Yahoo internal user metrics, Jan. 2016
  • ∗3:Yahoo internal user metrics, Jan. 2016
  • ∗4:Yahoo internal user metrics, Jan. 2016. Mail monthly active users includes 58M IMAP/POP only users – ie. Yahoo monthly users that access their mail using other companies mail application

Important Additional Information and Where to Find It Yahoo! Inc. (“Yahoo”) will be filing with the Securities and Exchange Commission (the “SEC”) a proxy statement regarding the proposed sale of Yahoo’s operating business to Verizon Communications Inc. (“Verizon”) and related transactions, the definitive version of which will be sent or provided to Yahoo stockholders. BEFORE MAKING ANY VOTING DECISION, YAHOO’S STOCKHOLDERS ARE STRONGLY ADVISED TO READ YAHOO’S PROXY STATEMENT IN ITS ENTIRETY (INCLUDING ANY AMENDMENTS OR SUPPLEMENTS THERETO) WHEN IT BECOMES AVAILABLE AND ANY OTHER DOCUMENTS FILED WITH THE SEC IN CONNECTION WITH THE PROPOSED TRANSACTIONS OR INCORPORATED BY REFERENCE THEREIN BECAUSE THEY WILL CONTAIN IMPORTANT INFORMATION ABOUT THE PROPOSED TRANSACTIONS. Investors and stockholders will be able to obtain (when available) a free copy of Yahoo’s proxy statement, any amendments or supplements to the proxy statement, and other documents filed by Yahoo with the SEC (when available) in connection with the proposed transactions for no charge at the SEC’s website at www.sec.gov, on the Investor Relations page of Yahoo’s website investor.yahoo.net or by writing to Investor Relations, Yahoo! Inc., 701 First Avenue, Sunnyvale, CA 94089. Yahoo and its directors and executive officers, as well as Verizon and its directors and executive officers, may be deemed participants in the solicitation of proxies from Yahoo’s investors and stockholders in connection with the proposed transactions. Information concerning the ownership of Yahoo securities by Yahoo’s directors and executive officers is included in their SEC filings on Forms 3, 4 and 5, and additional information is also available in Yahoo’s annual report on Form 10-K for the year ended December 31, 2015, as amended, and Yahoo’s proxy statement for its 2016 annual meeting of stockholders filed with the SEC on May 23, 2016. Information about Verizon’s directors and executive officers is set forth in Verizon’s annual report on Form 10-K for the year ended December 31, 2015 and Verizon’s proxy statement for its 2016 annual meeting of stockholders filed with the SEC on March 21, 2016. Information regarding Yahoo’s directors, executive officers and other persons who may, under the rules of the SEC, be considered participants in the solicitation of proxies in connection with the proposed transactions, including their respective interests by security holdings or otherwise, also will be set forth in the definitive proxy statement relating to the proposed transactions when it is filed with the SEC. These documents may be obtained free of charge from the sources indicated above.

Verizon Forward-Looking Statements
In this communication Verizon has made forward-looking statements. These statements are based on our estimates and assumptions and are subject to risks and uncertainties. Forward-looking statements include the information concerning our possible or assumed future results of operations. Forward-looking statements also include those preceded or followed by the words “anticipates,” “believes,” “estimates,” “hopes” or similar expressions. For those statements, we claim the protection of the safe harbor for forward-looking statements contained in the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. The following important factors, along with those discussed in our filings with the Securities and Exchange Commission (the “SEC”), could affect future results and could cause those results to differ materially from those expressed in the forward-looking statements: adverse conditions in the U.S. and international economies; the effects of competition in the markets in which we operate; material changes in technology or technology substitution; disruption of our key suppliers’ provisioning of products or services; changes in the regulatory environment in which we operate, including any increase in restrictions on our ability to operate our networks; breaches of network or information technology security, natural disasters, terrorist attacks or acts of war or significant litigation and any resulting financial impact not covered by insurance; our high level of indebtedness; an adverse change in the ratings afforded our debt securities by nationally accredited ratings organizations or adverse conditions in the credit markets affecting the cost, including interest rates, and/or availability of further financing; material adverse changes in labor matters, including labor negotiations, and any resulting financial and/or operational impact; significant increases in benefit plan costs or lower investment returns on plan assets; changes in tax laws or treaties, or in their interpretation; changes in accounting assumptions that regulatory agencies, including the SEC, may require or that result from changes in the accounting rules or their application, which could result in an impact on earnings; and the inability to implement our business strategies.

Yahoo’s Forward Looking Statements
This press release (including, without limitation, the quotations from management) contains forward-looking statements concerning the proposed sale of Yahoo's operating business. Risks and uncertainties may cause actual results to differ materially from the results predicted. Potential risks and uncertainties include, among others: (i) the inability to consummate the transaction in a timely manner or at all, due to the inability to obtain or delays in obtaining the stockholder approval, necessary regulatory approvals for the transaction or satisfaction of other conditions to the closing of the transaction; (ii) the occurrence of any event, change or other circumstance that could give rise to the termination of the purchase agreement; (iii) the potential adverse effect on Yahoo’s partner, advertiser, vendor and customer relationships, operating results and business generally resulting from the announcement of the transaction; (iv) the implementation of the transaction which will require significant time, attention and resources of Yahoo’s senior management and others within Yahoo, potentially diverting their attention from other aspects of Yahoo’s business; (v) risks related to Yahoo’s ability to retain or recruit key talent; (vi) the costs, fees, expenses and charges related to or triggered by the transaction; (vii) potential adverse effects on Yahoo’s business, properties or operations caused by Yahoo implementing the transaction; (viii) the anticipated benefits of transaction to Yahoo's stockholders may not be realized; and (ix) the initiation or outcome of any legal proceedings or regulatory proceedings that may be instituted against Yahoo relating to the transaction.

More information about other potential factors that could affect Yahoo’s business and financial results is included under the captions “Risk Factors” and “Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations” in Yahoo’s Annual Report on Form 10-K for the year ended December 31, 2015, as amended, and Quarterly Report on Form 10-Q for the quarter ended March 31, 2016, which are on file with the SEC and available on the SEC’s website at www.sec.gov. All information set forth in this communication is as of July 25, 2016. Yahoo does not intend, and undertakes no duty, to update this information to reflect subsequent events or circumstances.

【 本件に関する報道関係の皆様からのお問い合せ先 】

AOLプラットフォームズ・ジャパン株式会社 コーポレートコミュニケーション室
担当:小金丸(ayako@nwcom.jp) TEL: 090-7849-9808

《ご注意》
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。