ニュースリリース

2016.1.29

AOLがパブリッシャー向けマネタイゼーションプラットフォーム
「ONE by AOL: Publishers」をグローバルリリース 

ONE FOR PUBLISHERS:SOLUTION

  • パブリッシャーによるパブリッシャーのためのシステムとして構築:AOLの最新コンテンツと配信能力を統合し、マネタイゼーションの定義を変えるシステム
  • モバイルや動画の存在感がますます高まる状況下、パブリッシャーがより良い収益を得ることをサポートする、新たな動画活用ソリューションを含むシステム

PALM DESERT, California- 2016年1月25日発表  (発表原文)

本日、Interactive Advertising Bureauの年次リーダーシップ会合において、AOLは「ONE by AOL: Publishers」を立ち上げました。これは、過度に複雑化したインターネット広告のエコシステムを簡略化し、目的に合った全体的なソリューションをパブリッシャーに提供するものです。

この6年間、AOLはパブリッシャーを第一に考えたテクノロジーに10億ドル以上を投資し、それらのソリューションを世界的に開発・拡大してきました。「ONE by AOL: Publishers」にそうしたサービスとプラットフォームを統合することで、AOLはパブリッシャーのオーディエンスエンゲージメントやアナリティクス、コンテンツ配信、収益管理をサポートします。

「パブリッシャーは、今日の複雑なメディア環境に対処する中で多くの障害や課題に直面しています。彼らが現在利用できる” The Walled Garden” (壁に囲まれた庭のように閉鎖的)な従来のテクノロジーソリューションは、消費者のモバイルや動画へのシフトを活用したいというニーズに応えていません」と語るのは、AOLのPresident of Publisher Platformsのティム・マールマン。「「ONE by AOL: Publishers」とともに、AOLはパブリッシャーに特化した世界レベルのチームやテクノロジーソリューションを活用し、マネタイゼーションを再定義し、パブリッシャーがコンテンツから最大限の価値を得られるようにします。」

広告主を第一に考えたツールで大部分が占められている現在のインターネット広告業界において、AOLは、パブリッシャーのコミュニティにもコミットメントしています。「ONE by AOL: Publishers」の恩恵は、以下のように他では得られないものです。

独自の広告デマンドの提供:

「ONE by AOL」のデマンドサイドのプラットフォームと緊密に連動し、広告売買のプロセスをパブリッシャーにとってよりシームレスにします。これにより、フォーチュン500ブランドや広告代理店、トレーディングデスク、そして統合されたサードパーティのデマンドソースについて、パブリッシャーと広告バイヤーとの関係をより緊密に、高価値に保つのをサポートします。

ベンダーコスト”Tech Tax"への対処:

広告主からの要望を日々満たしながら、様々な種類の広告配信をするために必要となるプラットフォームやテクノロジーパートナーの数を減らし、パブリッシャーが各ソリューション運用の手間や、そのベンダーコストの大部分をスキップできます。平均で、パブリッシャーは広告在庫を売るのに4種類のサプライサイドプラットフォームを使用しており∗1、中間事業者の存在により、広告主が支払う総額のメディア広告費の50%以下しか受け取っていません∗2。

データ、分析、最適化:

パブリッシャーは、AOLの堅牢なツールを使用して、自身のメディアアセットと広告主の行動の双方の理解を深めることができます。価格決定やオーディエンス、インベントリのパターンを分析し、より価値のあるオーディエンスセグメントやインベントリパッケージを構築することができます。

モバイルファースト:

AOLは、モバイルのマネタイゼーションに関する課題解決をシンプルにします。これには、非常に時間がかかり、実行に多数のリソースを要するアプリ内広告も含まれます。あらゆるフォーマットやデバイスだけでなく、すべての広告購入パートナーについて単一のソリューションを提供し、業界最大級のモバイルポートフォリオにアクセスできる柔軟なSDKを備えています。

動画の活用と拡大:

動画配信と動画プレイヤーのテクノロジーを通じて新たな機会を生み出すことで、AOLは、最も価値のあるインベントリや動画コンテンツを増やす能力をパブリッシャーに与えます。

AOLは、パブリッシャープラットフォーム事業において自社のブランドポートフォリオをさらに強化し、パブリッシャーに提供するすべてのソリューションについて、統合されたマスターサービス契約形態へと移行していきます。現状でマーケットに提供しているAOLの保有する各種ポイントソリューションのブランドは、「ONE by AOL: Publishers」の下で統合され、リブランドされます。

パブリッシャーは、「ONE by AOL: Publishers」のうち、より多くのコンポーネントを使用することで相乗効果や経済効率が期待できますが、必ずしも全ての機能を使う必要はなく、サービス単位で、または様々な組み合わせで利用することのできる一連のモジュール製品です。

新しい動画ソリューション

「AOL On Network, Vidible, and Be On」テクノロジーは「ONE by AOL: Publishers」の一部であり、パブリッシャーのための動画活用ソリューションに統合されています。これはパブリッシャーやエディターに、次世代の動画管理やキュレーターツールを提供するもので、デスクトップやモバイル、OTTデバイスにおいて動画配信の機会を拡大することができます。

この新たな動画コンテンツプレイヤーにより、パブリッシャーは、オーディエンスに関する深いデータや、ビューアビリティや広告ブロッキング、ノンヒューマントラフィックのレベルなどのコンテンツや広告のクオリティを知ることができます。

∗1…Source: AOL Publisher Advisory Board Survey
∗2…Source: AdAge, "Inside the Hidden Costs of Programmatic," September 2015

米国AOL Inc.掲載原文 ※英語
[ AOL Announces Global Launch of ONE by AOL: Publishers ]

【 本件に関する報道関係の皆様からのお問い合せ先 】

AOLプラットフォームズ・ジャパン株式会社 コーポレートコミュニケーション室
小金丸(ayako@nwcom.jp) TEL: 03-6323-2952

《ご注意》
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。