ニュースリリース

2006.11.21

三井物産株式会社、米国オンライン広告最大手の米Advertising.com社と
最適化広告ネットワーク事業を行う合弁会社を設立

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:槍田松瑩、以下三井物産)は、米国Advertising.com Inc.(本社:メリーランド州ボルチモア、社長:Lynda Clarizio、以下Ad.com)と、インターネット上のバナー型広告を最適化配信するネットワーク(以下、最適広告配信)事業を手掛ける「アドバタイジングドットコム・ジャパン株式会社」(以下、アドコム)を設立致します。

インターネット広告では、技術の進化により、広告主にとっては広告効果に優れた最適な消費者接点の場が重視されつつあります。また、Webサイトを運営する媒体社にとっては、良質で利便性のあるコンテンツ・サービスをユーザーに提供し、広告商品そのものの価値を最大化させ、効率的に広告収入を確保しておくことが重視されつつあります。

アドコムでは、広告主と媒体社双方にメリットをもたらす以下の広告サービスの機能と特徴をご提供して参ります。

  • 主としてバナー型(Display Ad)の広告商品を提供。
  • 多数の媒体社のWebサイトについて、各サイトにおけるユーザーの広告への反応履歴(クリック、申し込み、購買など)に基づき、最も効果が高いと予測される広告を毎回自動的に選出し各サイトへ配信するサービスの提供。
  • 広告主がアドコムと契約する広告出稿条件と、媒体社がアドコムと契約する掲載価格条件を、独立別個のものとして切り離し、裁定する機能。(広告主に対しては、レスポンス型の広告サービス提供、媒体社に対してはインプレッション体系で支払います。)
  • 上記の結果として、媒体社の広告枠販売率の増加。

アドコムでは、Ad.comが、全米最大のインターネット広告ネットワーク会社としての経験・ノウハウを提供すると共に、広告配信技術とユーザーの行動パターンを独自に理論化し、広告効果を最適化する技術(AdLearn(R) optimization technology)の提供を行い、三井物産が、日本におけるインターネット広告・マーケティングサービス事業に関する事業運営の経験、ノウハウを提供します。また、三井物産では、関係会社の三井物産ヴィクシア株式会社などを通じて取引先との幅広いネットワークを提供します。

三井物産では、海外の先進的なWebマーケティング手法を日本国内に導入することにより、今後も費用対効果に優れ、広告収入の増加に貢献するインターネット上のマーケティングサービスを拡充して行く方針です。

《ご注意》
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。